PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

420 view ガールズバーナイトワーク分析戦略費用運用 ガールズバーの経営に必要な資金額は?開業までの手順も紹介
ガールズバーの経営に必要な資金額は?開業までの手順も紹介

何かしらの事業を立ち上げたいと考えている人の中には、ガールズバーの経営に興味を持つ人もいるのではないでしょうか。比較的新しい形態のお店であるガールズバーは、利益を得やすいビジネスモデルと言われています。

ガールズバーの経営を成功させたい場合は、経営するために必要な資金額や、開業までの手順をしっかりと把握しましょう。

今回は、ガールズバーの経営に必要な資金額を紹介します。開業の手順や注意点も紹介するため、ガールズバーの経営に興味がある人は参考にしてください。

 

1.ガールズバーを経営する際に考えるべきポイント

ガールズバーを経営する際には、以下の2点を事前に考えることが重要です。

〇開業の目的を明確にする

ガールズバーを経営する際は、何のために開業したいのか明確にすることが必要です。ナイトワークは競争が激しい業界であり、多くのお店が存在しています。開業後すぐの段階では軌道に乗ることも難しく、経営がうまくいかないケースは珍しくありません。

しかし、経営がうまくいかないときも、当初の目的を思い返すとモチベーションを保つことができます。長く愛されるお店を目指すために、開業の目的は必ず設定しましょう。

〇お店のコンセプトを定める

ガールズバーはまだ歴史が浅いこともあり、お店のコンセプトは比較的自由に決められます。どういったお客さんをターゲットにしたいのか考えたうえで、コンセプトを定めましょう。

お店のコンセプトは、他店との差別化を図るためにも重要です。ありきたりなコンセプトではなく、オリジナルのコンセプトを設定するようにしてください。

 

2.ガールズバーを経営するために必要な資金とは?

ガールズバーは店舗型のビジネスとなるため、経営をするうえでは多くの資金が必要となります。余裕を持った経営ができるよう、必要な資金の項目とおおよその資金額はあらかじめ把握しましょう。

ここでは、ガールズバーの経営に必要な資金を詳しく解説します。

 

2-1.【物件取得費】約200万~250万円

ガールズバーを経営するためにまず必要となる費用が、物件取得費です。物件取得費は、開業する物件の契約に必要な費用を指します。物件取得費の項目例は下記のとおりです。

  • 保証金
  • 仲介手数料
  • 礼金
  • 前家賃

物件によって相場は異なるものの、保証金は家賃の6~10ヶ月分、礼金・仲介手数料は家賃の1~2ヶ月分が発生します。たとえば、家賃が20万円の物件で開業する場合、必要になる物件取得費の合計金額例は下記のとおりです。

保証金 140万円(家賃7ヶ月分を想定)
仲介手数料 20万円
礼金 20万円
前家賃 20万円
合計 200万円

開業する物件の家賃によっては、物件取得費だけで250万円程度が必要となる場合もあるでしょう。

 

2-2.【設備投資費】物件の状態によって異なる

設備投資費には、内装工事費や備品の費用などが含まれます。開業予定の物件の状態が優れている場合は、最低限の設備投資費だけで済むため、まとまった金額がかかりません。場合によっては0円になることもあるでしょう。

しかし、大掛かりな内装工事が必要になる物件であれば、200万~300万円が必要になることも考えられます。お店の雰囲気を重視するために豪華な内装にする場合は、500万円程度の費用が発生することも考慮しなければなりません。

少しでも設備投資費を抑えたい場合は、居抜き物件を活用しましょう。取得する際には造作譲渡費が必要となるものの、内装がすでに整っている物件であれば設備投資費の節約につながります。

 

2-3.【運転資金】経営に必要な費用の約6ヶ月分

ガールズバーを開業したあと、経営を続けていくために必要な資金が運転資金です。運転資金として必要となるのは、家賃や水道光熱費に加えて、スタッフに支払う人件費などが挙げられます。

どの費用も、ガールズバーを経営するうえでは毎月発生します。開業直後は集客に苦しむことが予想されるため、経営に必要な費用の約6ヶ月分は用意しておきましょう。

 

3.【STEP別】ガールズバーを開業するまでの手順

実際にガールズバーを開業するためには、さまざまなステップを踏む必要があります。長く愛されるお店になるよう、それぞれのステップをしっかりと踏まえつつ、開業準備を進めることがポイントです。

ここでは、ガールズバーを開業するまでの手順を5つのステップに分けて解説します。

 

3-1.【STEP1】コンセプト決め・資金調達

まずは、お店のコンセプトを決めることが必要です。「野球好きの女の子が集まるガールズバー」など、個性的なコンセプトのお店であれば固定客がつく可能性もあります。

コンセプトを決めたあとは、資金調達が必要です。物件取得費・設備投資費・運転資金のそれぞれがどの程度発生するのか、よく計算しなければなりません。自己資金で全てを用意することが難しい場合は、銀行からの融資を受ける方法も検討しましょう。

 

3-2.【STEP2】店舗選定・内装決め

開業に必要な資金がある程度わかったら、ガールズバーを経営する店舗を決めます。どのエリアでどういった物件を選ぶのかどうかは、お店の売上に直結する部分であるため、慎重に決めることがおすすめです。

物件が決まったあとは、お店の内装を決めましょう。お店の雰囲気も非常に重要な要素であり、雰囲気を好むお客さんが多く来店すればリピーターの増加が期待できます。

 

3-3.【STEP3】資格取得・書類提出

ガールズバーを経営するためには、多くの資格を取得したり、書類を提出したりする必要があります。取得・提出が必要な資格や書類は下記のとおりです。

  • 食品衛生責任者資格
  • 深夜酒類提供飲食店営業開始届
  • 飲食店営業許可証
  • 防火対象物使用開始届出(店舗の広さによっては不要の場合もある)
  • 開業届

深夜酒類提供飲食店営業開始届は、アルコールを24時間提供するために必須の届出です。深夜の時間帯でもお酒を提供して売上を伸ばしたい場合は、必ず提出しましょう。

 

3-4.【STEP4】仕入れ先選定・売上予測

お店の開業準備がある程度進むと、次はフードやドリンクの仕入れ先を決める工程が発生します。フードやドリンクの質を重視することが重要ではあるものの、仕入れ額があまりにも高額になってしまうと、経営に影響を与えかねません。質と仕入れ額のバランスを考慮して、仕入れ先を決めましょう。

また、実際にどの程度の収入が見込めるのか、売上予測をすることも重要です。どの程度の売上があればお店を経営できるのか知っておけば、目標が設定されてモチベーションも高まります。

 

3-5.【STEP5】宣伝・広報

お店を開業する前の段階から、お店の宣伝や広報は必ず実施しましょう。開業後になって宣伝や広報をすると、潜在的なお客さんに届くまでには時間がかかってしまいます。

宣伝や広報のツールとしては、ホームページを用意することが一般的です。また、現在はSNSを使って宣伝や広報を実施するお店も少なくありません。開業前の段階から「どういったお店なのか」をアピールしておくと、興味を持った人が来店してくれる可能性が高まります。

 

4.ガールズバーを経営する際は「風営法」に注意

ガールズバーを経営する際は、風営法に注意しなければなりません。ガールズバーで接待行為を実施する場合には、風営法を取得する必要があります。風営法では、接待とは「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」と定義されています。

引用:e-Gov「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和二十三年法律第百二十二号)」

風俗営業の許可を取らずに店員とお客さんがカラオケでデュエットしたり、カウンター越しで一緒にお酒を飲んだりすることは、法律違反となってしまいます。警察から摘発されると営業停止、あるいは閉店に追い込まれる恐れがあるため、不安な場合は事前に風俗営業の許可を取るすることがおすすめです。

しかし、風俗営業の許可を取った場合は「深夜酒類提供飲食店営業開始届」の提出ができません。どちらか片方の手続きしか取れないため、事前によく検討することが重要です。

 

まとめ

今回は、ガールズバーの経営に必要な資金額の詳細や、実際に開業するまでの手順などを解説しました。

ガールズバーを開業する際は、開業する目的やお店のコンセプトを事前に決めましょう。また、ガールズバーを経営する際はさまざまな資金が必要です。開業直後からお店が繁盛することは期待できないため、運転資金を多めに用意することをおすすめします。

ガールズバーを開業する場合は、さまざまなステップを踏む必要があります。風営法についてもよく確認したうえで、ガールズバーの経営に挑戦してみてください。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読