PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

16 view ガールズバーナイトワーク仕事効果的女の子女の子集める戦略業種費用運用集客 ガールズバーのオーナーは稼げる?オーナーに必要なスキルも解説
ガールズバーのオーナーは稼げる?オーナーに必要なスキルも解説

水商売、特にガールズバーのオーナーは、高収入を得られやすいと聞いたことがある人もいるでしょう。確かにガールズバーは利益を出しやすい営業形態ではあるものの、稼げるお店にするには、経営方法の工夫やオーナーのスキルも必要です。

当記事では、ガールズバーがなぜ稼げるのか解説した上で、オーナーに必要なスキルと稼げるお店にするためのポイントを解説します。ガールズバー経営に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

 

1.ガールズバーのオーナーが稼げる理由

ガールズバーのオーナーの年収がどの程度になるかは、店の立地などによって左右されます。店を繁盛させたり、系列店を複数出したりできたら年収が1,000万円以上になる場合もあり、高収入を目指すことも可能です。

以下では、ガールズバーが稼ぎやすい理由を紹介します。

 

1-1.利益率が高い

利益率とは、売上に対する利益の割合のことで、「利益÷売上×100」で計算されます。また利益とは、売上からキャストや黒服に支払う給料などの人件費、仕入れ代、家賃、広告宣伝費などの費用を差し引いたものです。利益率が高いほど、少ない費用で効率的に稼げている、つまり儲けやすいと言えます。

一般的に、飲食店の利益率は約10%と言われていますが、ガールズバーは高ければ40%程度の利益率を見込めます。ガールズバーの利益率が高い理由は、下記の通りです。

・ほかの水商売より人件費が安いため

同じ水商売であるキャバクラと比べてもキャストの時給が低く、支払う人件費も安く済みます。また、キャバクラでは利用客に対してキャスト一人がつくマンツーマンの接客が基本です。一方ガールズバーでは、複数人の利用客に対してキャスト一人のみが接客してもよいため、雇うキャストを少なくして人件費を安くすることが可能です。

・ドリンクの利益率が高いため

アルコール類の原価は60〜100円程度ですが、ガールズバーではドリンクを1,000円近い価格で提供できるため、利益率が高く、儲けやすい傾向にあります。キャストへのドリンクを出すように促せば、さらに利益が高くなります。

 

1-2.市場規模が大きい

水商売は非常に大きい業界であり、食品宅配業界や理美容業界、ホビー業界、航空機産業業界などと同程度、約2兆円の市場規模があると言われています。消費者が多く、動くお金もかなり高額なのが水商売産業の特徴です。

ガールズバーの利益率の高さと、水商売の市場規模の大きさを見れば、利用客が多く稼ぎやすい商売であることが分かるでしょう。

 

2.ガールズバーのオーナーに必要なスキル

ガールズバーのオーナーとして活躍するには、下記のようなスキルが必要です。

・コミュニケーション能力

ガールズバーのオーナーは、利用客やキャスト、黒服に対して接するケースも珍しくありません。コミュニケーション能力が高ければ、泥酔者や悪質なクレームを言う利用客へ適切な対応ができます。キャストや黒服との信頼関係を築き、定着率を上げることもできるでしょう。状況や相手を選ばず、どのようなときでも落ち着いて話せる総合的なコミュニケーション能力は、ガールズバーのオーナーの必須スキルです。

・観察力

人気キャストの特徴を分析してほかのキャストの育成に生かしたり、キャストの人間関係を把握して定着率を上げたりするには、人を見る力が必要です。周囲を観察する能力があれば、その場の空気を読み取り、利用客にベストな対応をして、リピート率や売上を上げることも期待できるでしょう。

・経営スキル

キャストや店に魅力があれば、店の人気が出ます。利用客が求めるキャストを見極めてよりよい人材を確保する、利用客が満足するサービスや雰囲気を提供することなどができれば、経営をうまく進められます。経営スキルがある人ほど、キャストを生かしたり、利用客のニーズを汲み取ったりでき、ガールズバーを繁盛させられるでしょう。

・水商売の経験

水商売の世界には、暗黙のルールややり方などもあります。黒服やキャストの経験があれば、水商売の知識が自然と身についています。それだけではなく、夜の世界で作った人脈は、利用客を増やしたり、スタッフを雇ったりする際にも役立ちます。

 

3.人気のガールズバーにするためには?

現在、ガールズバーの人気は上昇していますが、どのような店でも安定した売上を出せるわけではありません。ガールズバーのオーナーとして稼ぐには、店の売上を意識した経営を行うのがポイントです。

以下では、店の売上を上げる方法について、3つ紹介します。

 

3-1.売上数値を管理する

売上を上げるには、売上や利益率などをきちんと把握し、目標を定めながら経営することが大切です。

売上は「客単価×客数」で計算します。売上や利益率を計算すれば、利益が出ていない原因や課題が浮き彫りになります。原因や課題が分かると「客数が少ないから新規客を増やすためのキャンペーンを実施しよう」「経費が多いから固定費を削減しよう」など、具体的な対策を打てるでしょう。

数値目標は店のコンセプトや立地によって変わります。ただし「1日の売上=1か月の家賃」「客単価=坪単価」というように、数値目標の目安は存在します。ガールズバーは利用客の支払い料金がほかの水商売の店と比べて低いため、客単価を坪単価より低く設定し、回転率を上げて売上目標を達成することが多い傾向です。数値目標を設定すれば、後は目標達成に向けて、一日に呼ぶ客数や、客単価を上げる方法など、具体的な施策を打ち出せます。

 

3-2.キャストをしっかり育成する

ガールズバーでは、キャストの質と量が重要です。

ガールズバーにおけるメインの商品はキャストです。ルックスのよさもある程度は必要なものの、接客力やトーク力があるキャストに対しては、利用客が気持ちよくお金を使うようになります。利用客をお店に呼ぶ営業方法や、ドリンクの注文を促す方法など、ガールズバーでキャストとして働くための応用的な技術も伝授して、売上を上げましょう。

また、ガールズバーではマンツーマンでの接客をしなくていいものの、キャスト1人で複数のグループに接客するのは困難です。よりよいキャストを集めれば売上が伸びるため、求人広告には時間やお金を惜しみなく使いましょう。

 

3-3.集客に力を入れる

売上を上げるには、いかに利用客にお金を使ってもらうかがポイントです。

まずは、セット料金を安く設定して、来店を促します。ガールズバーに来店する利用客は、キャストと安くお酒を飲みながら話したいと考えています。セット料金が安くても、楽しんでいるうちに、ドリンクの注文を重ねたり時間の延長をしたりなどでお金を多く使うケースも少なくありません。

ただし、男性客が気持ちよくお金を使えるように配慮することも大切です。例えば、「ドリンクの注文時にゲームをできるようにする」「キャストにちょっとしたサービスをしてもらえる」などがよいでしょう。オリジナリティを出せば、ドリンクが出やすくなるだけではなく、競合店との差別化も図れます。

また、出店するエリアやターゲットの年齢層をチェックし、店のコンセプトも決めておきましょう。若い男性が多いエリアであれば気兼ねなく入店できるお店、繁華街であれば飲み会にも使えるお店にするなどが有効です。

集客を促す際には、サイトに力を入れたり、キャストにSNSで店の宣伝をしてもらったりすることが有効です。店の差別化や、新規客・リピーターを増やす施策などで、利用客に楽しんでもらえる店を作れば、自然と客数が増え、店の売上が上がります。

 

まとめ

ガールズバーのオーナーは、店の立地や売上にもよりますが、高収入を目指せる仕事です。水商売は市場規模が大きい上、ガールズバーの営業形態は利益率も高いため、稼ぎやすい仕事だと言えます。

ガールズバーの経営には、経営のスキルの他にも夜の仕事の経験やコミュニケーション能力・観察力も必要です。キャストのサポートを行いながら集客にも手を抜かず、売上管理をしっかり行うことで、自分のお店を稼げるガールズバーに育てられます。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読