PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

39 view ガールズバーキャバクラソープデリヘルナイトワークはじめてヘルスホテヘル仕事風俗 ナイトレジャー産業とは?職種と働くメリットを解説
ナイトレジャー産業とは?職種と働くメリットを解説

ナイトレジャー産業には、ソープやヘルス、キャバクラやガールズバーなどさまざまなお店が存在します。ナイトレジャー産業のお店で働くにあたって、お店の種類や職種を詳しく知らない人も多いでしょう。

当記事では、ナイトレジャー産業に関する基礎知識から仕事内容、働くメリットについても徹底解説します。

ナイトレジャー産業は、経験や学歴がなくても高収入が目指せます。現在ナイトレジャー業界への転職を検討している人や業界知識を深めたい人は、今回解説する内容をしっかり理解しましょう。

 

1.ナイトレジャー産業とは?

ナイトレジャー産業とひと口に言っても、その種類はさまざまです。ナイトレジャー産業は「風俗店」「非風俗店」に分かれ、それぞれに特徴があります。

ソープやヘルス、キャバクラやガールズバーと言った業種はすべて風俗店と非風俗店に分類されますので、以下で詳しく解説します。

 

1-1.風俗店

風俗店は、基本的に女の子が男性に対して性的なサービスを提供するお店を指します。その他、女性用の風俗店や同性に対してサービスを行う風俗店も存在します。風俗店は店舗型と無店舗型に分かれており、それぞれで営業形態が異なるので覚えておきましょう。

風俗業界のお店で想像しやすいのが、店舗内でサービスを提供するソープやヘルスと言った店舗型風俗店です。歓楽街などにお店を構えていることが多く、営業時間は朝6時から深夜0時と決められています。

無店舗型風俗店は、女の子をお客さんの自宅やホテルへ派遣し、サービスを提供するお店を指します。風俗店としてよく聞くデリヘルは、無店舗型風俗店に分類されます。無店舗型風俗店は実店舗がなく、ビルやマンションの一室で営業されていることがほとんどです。また、営業時間の制限がなく、24時間営業しているお店もあります。

 

1-2.非風俗店

非風俗店は、女の子やホストとお酒を飲んだり会話を楽しんだりするためのお店です。キャバクラやガールズバー、ホストクラブなどは非風俗店に分類されます。

キャバクラやホストは、キャストと呼ばれる従業員がお客さんに付いて接客します。別料金でキャストと店外でデートする「同伴」や、同じキャストに席に付いてもらう「指名」などのシステムもあるのが特徴です。営業時間は深夜0時までですが、地域によっては深夜1時までの営業も認められています。

ガールズバーは、女の子がカウンター越しに接客するお店です。隣に座ったりお酒を注ぐ接待営業は禁止されている場合がほとんどで、女の子は一度に複数のお客さんを接客することもあります。基本的にキャバクラやホストのような同伴、指名はなく、営業時間に制限がないため朝まで営業しているお店も少なくありません。

 

2.ナイトレジャー産業の職種

ナイトレジャー系のお店には、さまざまな職種のスタッフが働いています。お酒やフードを運ぶボーイや黒服が最も想像しやすいですが、お店を支えるスタッフの職種が複数あることも覚えておきましょう。

以下では、ナイトレジャー産業にはどのような仕事があるのかを解説します。

店長・幹部候補

お店の運営や店舗スタッフの管理など、責任者として幅広い業務を行います。お店を盛り上げていくために、店内のオペレーションやイベント企画を立てるのも店長・幹部候補の重要な業務です。

また、お店の売上やスタッフの給与支払いなど、お金の管理も店長・幹部候補が担います。

店舗スタッフ

店舗スタッフは、主にお客さんの案内や配膳、店内清掃など、お店の営業に関する業務を全般的に行います。ボーイや黒服と呼ばれる職種も、店舗スタッフに分類されることが一般的です。

また、キャバクラやガールズバーでは、お店が円滑に回るように女性キャストとコミュニケーションを取るのも重要な仕事です。

お店によっては受付スタッフやエスコートスタッフなど役割が細分化されている場合もありますが、ほとんどの場合は店舗スタッフが受付やエスコート、ウェイター業務も兼任します。

バーテンダー
お客さんのオーダーに合わせてお酒を作る仕事です。ガールズバーでは特別な経験や知識がなくても勤務できる場合もありますが、キャバクラやホストクラブではお酒の知識やお酒を作るためのスキルが求められます。
ドライバー

仕事終わりのキャストを、自宅まで送り届ける仕事です。店舗の営業終了は深夜になることが多く、運転中は安全第一を心がけなければなりません。

ドライバーをアルバイトとして雇用するお店も多い一方で、店舗スタッフがドライバーを兼任するお店もあります。

お店の規模や形態によってスタッフの役割は異なりますが、今回紹介した職種は基本的にどのお店にも存在します。ナイトレジャー産業を理解する上で、基本的な職種は押さえておきましょう。

 

3.ナイトレジャー産業で働くメリット3つ

ナイトレジャー産業で働くことには、さまざまなメリットがあります。特に高収入を目指したい人や短期間でまとまったお金が欲しい人には、ナイトワークをおすすめします。また、ナイトレジャー産業は未経験でも飛び込みやすいのが特徴です。

以下では、ナイトレジャー産業で働くメリットを3つに分けて紹介します。

 

3-1.高収入を目指せる

ナイトレジャー産業の仕事は、高収入を目指せることで知られています。通常のアルバイトと比べると、ナイトレジャー産業での収入はおよそ1.5~2倍になることも少なくありません。

高収入を獲得できるのは、大手の会社に就職したり起業して成功したりしたエリートだけだと思ってしまう人も多いでしょう。しかし、ナイトレジャー産業では個人の頑張りが給料に反映されやすく、短期間で高収入を得られます。

お客さんを接客するキャストはスタートの時給が高く、最も頑張りが反映されやすい職種です。そのほか、店舗を支えるスタッフも、一般的なアルバイトに比べると高い時給が設定されています。

 

3-2.経験・学歴が不問の仕事が多い

ナイトレジャー産業では、特別な経験や学歴を必要としない仕事も多くあります。ナイトレジャー産業はスタッフの入れ替わりが激しく、お店側は常にスタッフを募集しているのが現状です。

スタッフの入れ替わりが激しい理由はいくつかありますが、やりたいことが見つかった際に辞めやすい業界であることも影響しています。

業務に関して特別なスキルが必要なケースは少なく、未経験からのスタートであればお店側が細かく仕事内容を教えてくれます。また、業務に慣れてくると昇給・昇格も狙え、未経験から活躍できるケースも少なくありません。

ブランクOK、新卒OKなどさまざまな方が働けるナイトレジャー産業ですが、送迎ドライバーに関しては普通自動車免許が必要です。

 

3-3.待遇のよい仕事が多い

経験・学歴が不問で高収入が目指せるナイトレジャー産業は、待遇のよい仕事が多いのも特徴です。

時給が高いのはもちろん、給料の日払いができたり交通費が支給されたりするお店も多数あります。店長・幹部候補にもなると、売上に応じてインセンティブが支給されることも多いです。ナイトレジャー産業であれば、未経験からのスタートでも手厚い待遇が受けられます。

また、条件を満たせば社会保険に加入できるなど、福利厚生が整っている職場もあります。お店の福利厚生に関しては、面接の際に確認しましょう。

 

まとめ

ナイトレジャー産業にはあらゆる業種のお店が存在し、営業形態もお店によってさまざまです。お客さんを接客するキャストとして働けば、高収入も夢ではありません。もちろん店舗スタッフやドライバーに関しても、初めから高めの時給が設定されています。

全くの未経験から働けるお店も多く、個人の頑張り次第では早期の昇給・昇格が目指せます。風俗系をはじめとしたナイトレジャー産業で働くことに興味を持った方は、自分に合った職場を探してみましょう。また、お店の待遇や福利厚生を知りたい方は、求人情報を詳しくチェックするか、お店へ直接問い合わせてみてください。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読