PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

12 view ガールズバーキャバクラナイトワーク予算仕事戦略業種費用運用風俗 水商売のお店を開業するには?必要な資格や開業の流れも解説
水商売のお店を開業するには?必要な資格や開業の流れも解説

水商売のお店には種類があり、キャバクラやガールズバー、クラブ、ラウンジ、スナックなどが挙げられます。お店を開業するためには「食品衛生責任者」「防火管理者」の資格取得や「飲食店営業許可」、サービスに接待が含まれる場合は「風俗営業許可」が必要です。

当記事では、水商売のお店の種類をはじめ、開業時に必須の資格・許可、開業するまでのスケジュールを解説します。水商売のお店を開業する際のポイントを押さえたい人は、ぜひご覧ください。

 

1.水商売のお店にはどのような種類がある?

顧客にお酒とひとときの癒しを提供する水商売には、複数の種類があります。水商売で開業するときは、まず自分が経営したいお店はどのような種類に該当するのか理解した上で、必要な準備を進めることが重要です。

水商売に分類されるお店は、大きく分けてキャバクラ、ガールズバー、クラブ、ラウンジ、スナックの5種類です。ここでは、それぞれの特徴や開業のしやすさを解説します。

 

1-1.キャバクラ

接客業に重きを置いているお店が、キャバクラです。ドレスやヘアセットで美しく着飾ったキャストが顧客の席につき、お酒を作ったりおしゃべりをしたりして接客します。人気キャストともなれば、同伴出勤や店外デートなど営業時間外の売上も多く発生します。

稼ぐためには、相応の店舗面積が必要です。ゼロから物件を探して施工するとなると初期費用は高額になります。ただし閉店したキャバクラの内装を活用する居抜き開業なら、費用を抑えつつ開業できます。

 

1-2.ガールズバー

リーズナブルな料金設定で幅広い層の集客が見込めるお店が、ガールズバーです。キャストはカウンターを挟んで接客するため、顧客と密着して話すことに抵抗のある人も求人へ応募してくれるメリットがあります。

ガールズバーの開業も、高額な初期費用がかかることが特徴です。しかしキャバクラと同じく、居抜き物件を活用すると費用を抑えられます。客単価が安くなりやすい分、開業はコンセプトや立地などで差別化を行い、いかに効率的に集客できるかが重要です。

 

1-3.クラブ

クラブも接客に重きを置いたお店で、一般的なスタイルは複数名で接客することです。キャスト同士のチームワークが売上に直結します。

多くのクラブは紹介制を敷いており、既存の顧客が新規を連れてきてくれます。特定のキャストを毎回指名する永久指名制度により、常連客を作りやすいことがメリットです。独立開業時も、常連客に新店へ来てもらいやすくなります。

開業時の資金に、キャバクラと大きな違いはありません。ただし、高級店を開業する場合や内装にこだわりたい人は、必要な初期費用も大きく膨らみます。

 

1-4.ラウンジ

複数のキャストが1人または複数名の顧客に接客するスタイルが、ラウンジの特徴です。キャストが個別に接客するキャバクラと異なり、ラウンジ全体でもてなします。完全会員制となっているお店が多く、高級感を売りとしているところもあります。

ラウンジのメリットは、幅広いキャストを採用しやすいことです。ノルマなし、自由出勤のお店が多いため、個人の売上やスケジュールに縛られたくない層も求人に応募してくれます。

 

1-5.スナック

スナックも接客に重きを置いているお店です。ただし、キャバクラが風俗営業に該当するのに対して、スナックは飲食店に分類されます。

カウンター越しに顧客へドリンクやおつまみを提供して、キャストとの会話を楽しんでもらうことが主なサービスです。キャストも顧客も年齢層が高い傾向にあり、落ち着いた雰囲気を売りとしています。

一般的な飲食店と比べると、時給は高額な傾向にあります。ただし個別のバックがないため、給料など毎月のランニングコストが想定しやすいメリットもあるでしょう。

 

2.水商売の開業に必要な資格は?

酒類やおつまみなど、飲食物を提供する水商売は、開業にともなって資格や許可を得る必要があります。注意点は、同じ水商売でもお店の種類や営業形態によって必要となる資格や許可が異なることです。

ここでは、水商売の開業において必要とされる、主な資格と許可を解説します。

 

2-1.必要な資格

水商売を開業するときは、いずれのお店であっても食品衛生責任者と防火管理者の取得が必須です。以下は、各資格の概要をまとめたものです。

食品衛生責任者
食品衛生法にもとづいて、食品の提供を行う場合、衛生的に管理するために各施設で1人以上の設置が求められる責任者です。調理師、製菓衛生師など特定の資格を有する人物の他、都道府県が開催する講座の受講者が資格取得できます。

出典:大阪府「食品衛生責任者について」

防火管理者
多くの人々が利用する施設において、火災による被害を防止するための管理者です。消防計画の作成や防火管理業務を行います。施設の責任者や管理者のうち、防火管理講習修了者や学識経験者が対象となります。

出典:一般財団法人 日本防火・防災協会「防火管理者とは」

特定の資格や学歴を有せずとも、上記のいずれも指定講座を受講することで資格を取得できます. す。講座は半日で済むものから数日かかるものまであるため、開業前に余裕をもって受講しましょう。

 

2-2.必要な許可

水商売の開業に必要な手続きが、飲食店営業許可です。カウンター越しに酒類や食品を提供するガールズバーやスナックはもちろん、客の隣に座るキャバクラやラウンジ、クラブなども飲食店営業許可が必須です。

どのようなお店を営業するかにより、飲食店営業許可に加えて以下いずれかの届出も行います。

風俗営業許可
サービスに接待が含まれているお店の場合、風俗営業許可も必要です。キャバクラやラウンジ、クラブなど顧客の隣に座って話し相手になったり、お酒やタバコの火を用意したりするお店が該当します。カラオケでデュエットすることも、接待の一部と見なされます。
深夜酒類提供飲食店営業
接待を伴わない場合は、深夜酒類提供飲食店営業を取得します。該当するお店は、ガールズバーやスナックなどです。

出典:e-Gov法令検索「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」

接待の有無に加えて、風俗営業許可と深夜酒類提供飲食店営業では営業が許可されている時間帯も異なります。

風俗営業許可を取得したお店が営業できる時間は、深夜0時または1時までです。一方の深夜酒類提供飲食店営業を取得したお店は、深夜0時から朝方まで営業できます。

 

3.水商売のお店を開業するには?

スムーズな開業には、入念な下準備が欠かせません。水商売のお店を開業するときは、お店のコンセプトをはじめ、どのような強みで競合と勝負するのかを事前に決めておくことで、物件選びの参考にもなります。

ここでは、水商売のお店を開業するときに大切なステップを3つ解説します。

 

3-1.お店のコンセプトを決める

まず、全体の方向性を決めるためにお店のコンセプトを明確化します。コンセプトとして決めるべきポイントは、下記の通りです。

  • 業種や業態:お店の種類。キャバクラ、ガールズバーなど
  • 動機や目的、目標:お店を開く目的や、いつまでに何を終えるかの目標
  • ターゲット層:どのような顧客に多く来てほしいか
  • お店のこだわり:競合との差別化を図る部分
  • 店舗の特徴:席数や面積、立地など

開業したいお店のイメージを、さまざまな角度から作り上げます。たとえば「40代前後の顧客に癒やされてほしいから、シックな内装デザインで落ち着いた雰囲気のお店を作る」などです。

キャストとカラオケで盛り上がってほしい、1人でも気軽に入れるお店を作りたいなど、理想のお店をイメージしましょう。競合との差別化を図るためには、お店の席数や立地も事前にある程度決めてから、候補を揃える必要があります。

 

3-2.予算を決める

水商売の開業にいくら投入するのか、予算も事前に決めるべきポイントです。仮にキャバクラを開業する場合、オープン直後の当面の運転資金や物件取得費なども含めると、1,500万円程度かかります。

お店の種類や規模によっては多少異なるものの、開業時は下記の支出が想定されます。

  • 物件取得にかかる費用
  • 内装外装などの改装費
  • 厨房設備の費用
  • テーブルやソファなど店内の備品代
  • POSレジやキャッシュレス決済端末などの導入費
  • 風俗営業許可などの取得にかかる費用
  • 宣伝や求人にかける費用

資金の大半を占める項目が、物件取得にかかる費用です。テナント契約の場合、物件によっては家賃10か月分程度の保証金がかかるため、物件取得のみで数百万円の出費となります。自己資金をいくら用意するか、金融機関からの融資をいくら得られるかも考慮して予算を組むのが重要です。

居抜き物件を使用したり中古の備品を揃えたりと、予算に合わせて抑えられる支出をカットしましょう。黒服やキャストの求人も、方法次第で費用を抑えられます。

 

3-3.開業スケジュールを決める

コンセプトの設定から物件取得、求人、オープンまで、スケジュールを決めます。オープン日までに済ませておくべき準備をチェックリスト化して、一つひとつクリアします。

開業までの大まかなスケジュールは、下記の通りです。

  • コンセプト決定などの下準備
  • 金融機関への融資申し込みなど開業資金の調達
  • 競合調査
  • 物件の取得や内装品、外装費
  • 各種許可・資格の申請
  • 備品の調達
  • ドリンクなど商品の仕入れ
  • 宣伝や求人

最初に決めたコンセプトに合うエリアに出店することが、成功のカギです。情報収集時は周辺の競合調査も行い、差別化できるエリアで物件探しを行いましょう。物件に心当たりがないときは現役時代の人脈を頼るか、業界関連の店舗物件を多く取り扱っている不動産会社への相談もおすすめです。物件の他にも、商品や備品、消耗品などの仕入先を決める必要があります。

開業資金は、少なくとも3か月分のランニングコストも加算した金額を用意することが重要です。人件費や水道光熱費、宣伝費も含めて、経営が安定するまでの資金を用意します。

 

まとめ

水商売のお店には、キャバクラやガールズバー、クラブ、ラウンジなどの種類があります。お店の開業にはいずれも食品衛生責任者と防火管理者の取得、飲食店営業許可が必須です。サービスに接待が含まれる場合は風俗営業許可、接待を伴わないお店は深夜酒類提供飲食店営業を取得します。

水商売のお店を開業する際は、まずお店のコンセプトを明確化し、予算の目安を事前に決めます。開業資金の調達、許可・資格の申請、備品の調達、商品の仕入れなど、適切な手順を踏んで準備を進めましょう。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読