PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

56 view アルバイトおすすめサイト制作デザインはじめてホームページ仕事制作広告業種風俗 風俗業界のWebデザイナーの仕事は?働く魅力も紹介!
風俗業界のWebデザイナーの仕事は?働く魅力も紹介!

近年、風俗業界ではWebデザイナーの求人が多く見られます。Webデザイナーの仕事に興味があっても、風俗業界でどのような仕事をするのか、どのようなスキルが必要なのか分からず、一歩を踏み出せない人もいるでしょう。

当記事では、風俗業界で働くWebデザイナーの仕事内容について詳しく解説します。風俗業界ならではの高収入や未経験からWebデザイナーとしてのスキルを身につけられる点などさまざまな魅力があるため、興味のある方はぜひ参考にしてください。

 

1.風俗業界のWebデザイナーとは?

風俗業界におけるWebデザイナーは、風俗店にとってなくてはならない存在です。近年のスマートフォンの普及に伴い、風俗店を利用するお客さんの大半は、事前にWebページ(Webサイト)を確認してからお店に足を運ぶ傾向にあります。

風俗業界のWebデザイナーは、HP(ホームページ)や広告バナーの制作が主な仕事です。HPの情報更新等の細かい作業は「Web運営スタッフ」と呼ばれる別の職種のスタッフが行うケースもありますが、Webデザイナーの仕事に含まれることもあります。職場によって仕事内容には差があるため、事前に確認するとよいでしょう。

 

1-1.Webデザイナーの仕事内容

ここではWebデザイナーの担当業務について詳しく解説します。Webデザイナーとして風俗業界で働くことを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

・画像のレタッチ

画像のレタッチとは、カメラマンが撮影した風俗店の女性の写真を加工し、修正する作業です。女性のビジュアルを整え、集客数を上げる作業として重要な役割を担っています。ただし、過度なレタッチを行い、実物とかけ離れた完成度になった画像は「パネマジ(パネルマジック)」と呼ばれ、お店の評判を下げてしまうため注意が必要です。

・バナーやWebページのデザイン制作

風俗情報サイト用のバナー制作や、店舗公式サイトのデザイン制作を行います。お店のWebページは季節やイベントごとにデザインの変更を行い、Webページに頻繁にアクセスするお客さんが飽きないような工夫をしています。

・Webページの更新

風俗店に勤務している女性(風俗嬢)の在籍・出勤情報やイベント告知など、Webページの更新はWebデザイナーの主な仕事の1つです。サイトに期日が経過したイベント情報が掲載されていたり、既に退店した女性の情報が載っていたりした場合、風俗店サイトの信用と鮮度が落ちてしまうため注意が必要です。

・印刷物の作成

店内で使用する掲示物や、女性がお客さんに渡す割引チケットを作成します。印刷物の作成はDTP業務とも呼ばれ、店によってWebデザイナーが兼務する場合があります。DTP業務とは(Desk Top Publishing)の略称で、デザイナーがデザインしたレイアウトを元に文字詰め等の調整を行い、印刷物として発行する作業です。

・Webページの制作・改善

Webページの改善は、風俗店のサイトを利用しやすくするための重要な作業です。お客さんは、装飾があしらわれた見栄えのよさだけでなく、使いやすさも兼ね備えたWebページを求めています。Webページが使いづらく、うまく利用できない場合、使いやすい他の風俗店のWebページに移ってしまう恐れがあります。勤務時間内はこまめにWebページをチェックし、改善点を探す癖をつけましょう。

 

1-2.1日の仕事の流れ

ここでは、風俗業界のWebデザイナーの1日の仕事の流れについて紹介します。風俗業界のWebデザイナーに興味のある方は1日の動き方を把握し、理解を深めましょう。

時刻 業務内容
10時~ 出社。メールチェック・スケジュール作成・データ入力
11時~ バナーやWebサイト内の画像制作
13時~ 昼食休憩
14時~ 画像のレタッチ作業
15時~ Webデザインのミーティング
16時~ Webデザイン作業(コーディング)
19時~ 報告書の作成。退社

風俗業界のWebデザイナーの勤務時間は、店舗スタッフとは異なり営業時間に囚われる必要がないため、10時〜19時など日中の勤務となることが多い傾向にあります。

業務は他業界のWebデザイナーとほぼ変わらず、店長さんの思い描くイメージや要望を聞き取り、デザインの制作や修正を行います。ミーティングでは念入りに意見を擦り合わせ、双方の解釈にずれがないようにしましょう。また、多くの修正作業があると見越し、余裕を持ったスケジュールでタスクをこなすことが重要です。

 

2.風俗業界のWebデザイナーとして働く魅力

風俗業界では近年のスマートフォン普及に伴い集客・求人のためにWebページの需要が高まっており、同時にWebデザイナーという職種も注目を集めています。ここでは、風俗業界のWebデザイナーとして働く魅力について紹介します。給料や福利厚生なども解説するため、ぜひ参考にしてください。

 

2-1.高収入を目指せる

風俗業界のWebデザイナーは、高収入を期待できます。正社員の月給はおよそ25万〜35万円、アルバイトの時給はおよそ1,100円〜1,300円と高めに設定されている求人が多く見られます。また、入社祝い金や能力に応じて随時昇給を行っている事業所も多く、本人の努力次第で給料を上げることも可能です。高収入を得ることで仕事に対するモチベーションが上がり、やりがいをもって業務に取り組めるでしょう。

 

2-2.福利厚生が整っている

福利厚生が整っている点は、風俗業界のWebデザイナーの魅力の1つです。風俗業界のWebデザイナーは、週休2日制を採用している事業所が多く、残業も少ないのが特徴です。加えて中には交通費支給だけでなく家族手当や社員寮完備の事業所も存在します。残業が少なく休日もきちんと確保できるため、仕事とプライベートどちらも充実させたいという方におすすめの仕事です。

また、風俗業界のWebデザイナーは男性をメインに活躍しているイメージが強いものの、女性のWebデザイナーを歓迎している事業所も多く見られます。女性キャストを魅力的に見せる画像のレタッチなど、女性ならではの目線で作業することが求められる業務も多いため、女性のWebデザイナーさんも増えつつあります。

 

2-3.未経験でも働ける

Webデザイナーという職種は、専門職であり未経験では厳しいというイメージを持たれているのが一般的です。しかし、風俗業界のWebデザイナーの求人は「経験不問」や「未経験可」のものが多く、業界未経験でも働きながらスキルを磨くことができます。

たとえば、風俗業界のWebデザイナーの主な仕事の1つである画像のレタッチは、画像編集ソフトである「Photoshop」を用いるのが一般的です。最初はソフトが使えなかった新人Webデザイナーも、画像レタッチの工程でPhotoshopの使い方を自然と覚えられます。実務の中で経験を積んでいくことで、Webデザイナーとしての成長が期待できるでしょう。

また、風俗業界の知識がない場合も業務に支障はありません。仕事内容や使用するソフトは他業界のWebデザイナーとほぼ変わらないため、業務経験者でなくとも安心して働くことが可能です。

 

2-4.確かなスキルが身につく

風俗店のWebページは、お客さんが風俗店について初めて触れる機会であり、言わばお客さんを迎える玄関口のような役割を担います。Webページによって集客数や売上が左右されると言っても過言ではないため、Webデザインもクオリティの高いものが求められます。

日々質のよい制作物を作り、業務をこなしていくうちに高いスキルが身につくことでしょう。また、風俗店のWebページ制作で得たスキルは、他業界のWebデザイナーとしても活用できるものばかりです。他業界のWebデザイナー職を志望している場合、風俗業界で実務経験を積んだ後に転職をすることで、転職先でも即戦力として実力を発揮できます。

 

まとめ

風俗業界のWebデザイナーは写真のレタッチやWebページの制作・更新、デザイン作成など、一般的な業界のデザイナーと変わらない業務を担当します。未経験者を歓迎する求人も多く、Webデザイナーとして働いたことがない、もしくは風俗業界で働いたことがないという人でもチャレンジできます。

特に将来Webデザイナーとして活躍したい方は、クオリティの高さを求められる風俗業界で経験を積むのもおすすめです。福利厚生が整っている職場も多いため、働きやすい環境を探している方はぜひ一度、風俗業界への転職も検討してみましょう。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読