PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

74 view ナイトワーク効果的女の子広告戦略運用集客風俗風俗バイト風俗店風俗求人 【経営者・スタッフ向け】風俗嬢が移籍する理由と定着率を高める方法
【経営者・スタッフ向け】風俗嬢が移籍する理由と定着率を高める方法

風俗店を経営している人や働いている人にとって、お店に在籍している風俗嬢の移籍は共通の悩みです。特に人気のある女性キャストが他店に移った場合は、大きな損失につながってしまうでしょう。風俗嬢の定着率は、店の売上にもかかわります。

この記事では、風俗嬢が移籍を検討する理由について紹介した上で、風俗嬢の定着率を高めるポイントについて詳しく解説します。自分が運営する店舗の売上を安定させ、成長させたいという人はぜひ参考にしてください。

 

1.風俗嬢が移籍する理由は?

風俗嬢が移籍する理由の多くは、給与事情や職場環境に不満を持っているためです。繁華街であれば店舗の数も多く、移籍後のお店選びに困るケースが少ないということもあり、現在働いているお店を辞めることに後ろめたさを感じない人もいます。風俗嬢が移籍を考えるきっかけを知り、前もって対策しておきましょう。

ここでは、風俗嬢が在籍している店舗を離れる理由の詳細について解説します。

 

1-1.思うように稼げない

女性キャストが風俗業界で働く1番の理由は、高収入を得られるためです。借金の返済や、将来の夢に向けた資金づくり、生活費のためなど、短期間で多くの収入を得たいと思って働いているキャストは少なくありません。

風俗店は完全歩合制の料金体系となっている場合が多く、集客力がないお店であったり、指名率が低いと、高収入を得るのは難しくなります。思い描いていた通りにお金を稼げないため、お客さんの多い店に移りたいと思う女性は多いでしょう。

また、「かわいい系」「キレイ系」などのお店のコンセプトに女性キャストが合っていない場合も、キャストは移籍を考えます。年齢や体型の変化でお店のコンセプトから外れてしまうと、どうしても指名率が下がってしまうため、移籍につながります。

 

1-2.お客様との間でトラブルが発生した

マナーの悪い男性客とのトラブルによって、移籍を検討するケースもあります。下記のようなトラブルは特に起こりやすいため、お店側も注意が必要です。

  • NGとしているプレイを要求する
  • しつこく本番交渉をする
  • 店外デートに誘う
  • 連絡先交換を強要する
  • ストーカー行為をする

あまりにマナーが悪い男性客は、お店側から利用NGにすることもできますが、退勤後にストーカー行為をされている場合は、警察などの公的機関を頼る必要があります。しかし、なかなかトラブルが解決しなかったり、不快感や不安・ストレスが消えなかったりすると、移籍を検討する女性キャストもいます。

 

1-3.スタッフやキャストとの人間関係がうまくいかない

お店のスタッフや他の風俗嬢との関係性がよくないというのも、移籍につながる問題点の1つです。特に男性スタッフや店長の対応が高圧的だと、女性スタッフは不安や恐怖を感じ、業務に支障がでることがあります。

また、待機場所で一緒になった他の女性キャストとの相性が悪い場合も長く働き続けるのは難しいと言えます。例えば、待機室で他の女性キャストが男性客の悪口ばかり言っていたり、先輩が嫌がらせをしてきたりする場所では気持ちが休まらず、ストレスが溜まる一方です。女性キャストに長く働いてもらうためには、ストレスのない人間関係を作れるよう配慮することが大切です。

 

1-4.生活環境が変化した

風俗嬢が移籍する4つ目の理由は、プライベートや生活環境の変化です。引っ越しや、子どもを育てながら働いている人は子どもの進学などによって、今までと同じように働けなくなることがあります。また、新たなパートナーができて、風俗そのものをやめるというケースも考えられます。

人生における選択は人によってさまざまなので、プライベートの変化が移籍につながることは理解しておきましょう。

 

2.風俗嬢の定着率を高めるためのポイント

風俗嬢の定着率を高めるためには、ただ店舗の環境をよくすればいいと考える人もいるかもしれませんが、どのような環境が働きやすいかは女の子一人によって異なります。移籍する女性キャストの数を減らすには、風俗嬢のニーズを正しく理解した上で、店舗で適切な対応を行うことが重要です。

ここでは、風俗嬢の定着率を高めるポイントについて解説します。

 

2-1.風俗嬢の悩みに寄り添い不安を取り除く

風俗店を経営する上で風俗嬢のメンタルケアは必須項目です。女性キャストに寄り添って信頼関係を構築することは、移籍防止につながります。女性キャストの悩みをできるだけ打ち明けてもらえるように常日頃からコミュニケーションを取り、悩みに寄り添うようにしましょう。キャストの悩みによっては、店舗における待機システムやバック率、ノルマの見直しなど、待遇改善を検討する必要があります。

また、女性キャストを平等に扱うことも非常に大切です。女性は人間関係に敏感なので、特定の女性を贔屓していると不満を募らせてしまう恐れがあります。特に入店したての新人は仕事がもらえるか不安な人が多いため、フリーの男性客を振り分ける際は、在籍しているキャストに公平に回せるよう、ルールを設定しておきましょう。

 

2-2.風俗嬢が休憩できるタイミングを設ける

客入りを優先するあまり、時間の余裕を与えずに風俗嬢を働かせると、当然風俗嬢は不満を感じます。稼働率を上げるために休憩や準備の時間をほとんど与えないなど、女性キャストが働いていてストレスを感じるような運営は避けるべきです。

売上アップには客入りも大切ですが、店舗に貢献する女性キャストの体調に目を向け、全員が程よく休憩できるタイミングを設けるなどの配慮が必要です。

 

2-3.アリバイ対策・顧客対策を取り入れる

風俗嬢のためにアリバイ対策や顧客対策を念入りに行っている店舗は、定着率が高くなりやすいです。親や彼氏に風俗嬢であることを隠して働いている女性は多く、一般企業で働いているように見せるなどのアリバイ対策を講じている店舗は、女性キャストから好まれます。

また、接客前に女性キャストの知り合いがいないか確認できるよう、店舗にカメラを設置し対策をしているお店もあります。家族や知人にバレるリスクをなるべく下げることで、多くの女性キャストに安心して働いてもらえます。

全体的に風俗嬢が気兼ねなく仕事をできる環境を整えることで、自店によい印象を与え、移籍を避けられるでしょう。

 

2-4.店舗の集客力をアップさせる

店舗の集客力をアップさせると、キャストの移籍を防げます。店にたくさんお客さんが来ると、指名が入りやすくなり、女性キャストの収入アップにつながるためです。

男性が風俗店を利用するときは、事前にネットでお店を選んでいる人が多いため、集客率をあげたいならネットを使った広告に力を入れることをおすすめします。

他にも、SNS更新や割引企画などを積極的に行ったり、在籍している女性キャストの出勤情報をホームページ上で分かりやすく掲載したりすることでも客数を増やせます。お客さんに興味を持ってもらえる店舗サイトを作り、店舗の利用を促しましょう。

収入を第一に考える女性キャストであれば、多少他の環境に気になる点があっても、稼げるなら移籍をする必要はないと考えることもあります。店の集客ができ、売上が安定すると、必然的に定着率は向上するでしょう。

 

まとめ

風俗嬢の主な移籍理由としては、「高収入を得られない」「人間関係に悩む」などが挙げられます。特に高収入が目的で働いている風俗嬢は多いため、お金を稼げない店舗からはすぐに離れてしまいます。さらに特定の女性キャストを贔屓すると、不公平だと感じる風俗嬢は少なくありません。

お店ができる対策としては、オンライン広告などで店舗の集客力を上げ、女性キャストが稼げる環境を整えることです。また、悩みに寄り添い精神的にサポートしたり、よい人間関係を築けるよう配慮したりすると、女性キャストの満足度を高めることができます。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読