PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

163 view キャバクラキャバクラ求人ナイトワーク分析女の子集める戦略求人戦略費用 水商売の経営に向いている人とは?独立に必要な費用も紹介
水商売の経営に向いている人とは?独立に必要な費用も紹介

キャバクラ・スナック・ガールズバーで働く男性や女性の中には、「お店を経営してみたいが、自分は独立してやっていけるのか分からない」と悩む人もいるのではないでしょうか。

当記事では、水商売の経営・独立に向いている人の特徴3選と、経営・独立するメリット・デメリット、必要な費用について解説します。水商売の経営における「求人」の重要性も解説するため、水商売の経営・独立で成功するためのポイントが知りたい人は、参考にしてください。

 

1.水商売の経営・独立に向いている人の特徴3選

何か事業を経営する場合、経営者に共通して必要な素質もあれば、最適な経営方法・向いている人の傾向など、業種ごとに違う素質が求められる部分もあります。

ここでは、キャバクラ・スナック・ガールズバーでの独立を考えている人に向けて、水商売の経営・独立に向いている人の特徴を3つ紹介します。

 

1-1.水商売で働いた経験を持っている人

例えば、キャバクラで働いた経験を持つ人は、基本的な会計・給与のシステムや、サービス料金の相場、物資の仕入れ先といったキャバクラ運営に必要な知識をある程度持っています。基本的な業界知識から勉強していく必要がある未経験者に比べ、業界経験のある人はスムーズに開業準備を進めることができます。

また、業界の人脈が多い人は、ナイトビジネスで成功している起業家や社長からアドバイスをもらえたり、資金提供をしてくれる人材に出会えたりする可能性もあります。開業には一定の準備資金が必要になるため、資金源確保は重要な課題です。現在水商売で働いている場合は、積極的に人脈を広げておくことをおすすめします。

 

1-2.メンタルが強く社交性のある人

精一杯準備をしてようやく開店までこぎつけたとしても、水商売は開店直後の客数が伸びにくい傾向にあるため、利益が安定するまでは資金問題などの不安を抱えながら過ごすこととなります。また、水商売はお酒を提供する業種であり、酔いが回ったお客様とのトラブルは避けられません。不安に負けず行動でき、トラブルにも毅然と対応できるメンタルの強さが必要です。

水商売の経営者は、多くの人と関わりながら企業運営をします。お客様やお店のキャスト・スタッフと信頼関係を築いたり、近隣店舗との人脈を広げたりと、積極的なコミュニケーションが必要となるため、いち早く相手の懐に入る社交性の高さが重要です。

 

1-3.決断力と行動力のある人

経営者は、全ての事業判断を行う責任者です。業界の経済状況やマーケットの動向を把握し、会社にとって最適な判断を下せるかどうかが事業継続の鍵となります。最適な判断を下すためには、徹底したリサーチと入念な計画を立て無駄なリスクを回避する行動力と、とるべきリスクのみを見極め、恐れずに背負う決断力が必要です。

失敗は大きな学びとなりますが、失敗を生かす場まで失ってしまっては元も子もないため、回避できるリスクは最大限避けることを忘れないでください。

 

2.水商売の経営・独立のメリット&デメリット

水商売の経営・独立には、他の業種には見られない特有のメリット・デメリットがあります。水商売の経営・独立に伴うメリット・デメリットを十分に理解した上で、水商売で独立するか否かを判断するほうが賢明です。

ここでは、水商売の経営・独立に伴う主なメリット・デメリットを紹介します。

 

2-1.【メリット】開業までの資金的なハードルが低い

キャバクラ・スナック・ガールズバーは、料理ではなくキャストをメイン商品として扱う業態であるため、厨房・冷蔵庫・食材などを大規模に準備する飲食店と違い、初期の設備投資費用を抑えることが可能です。そのため、開業までの資金的なハードルが低いと言えます。また、水商売は現金商売が基本であるため、現金回収までの期間が短く、キャッシュフローを回しやすいという特徴があります。

設備投資費用は、工夫次第で大幅に削減することが可能です。開業資金をあまり用意できない人にとって、水商売での独立はメリットが大きいと言えます。

 

2-2.【デメリット】キャスト管理が難しい

水商売は、初期の設備投資費用を抑えられる点が魅力的です。しかし、継続的な商品の管理という点では、人間を商品とする水商売のほうが難しくなります。水商売は、質の良いキャストがいなければ事業を継続できません。キャストのサービスレベル向上と離職防止のため、経営者は様々な角度からキャストをサポートする必要があります。

キャスト一人ひとりを気にかけ、仕事やプライベートの悩みを聞いたり、他店と比較して待遇を改善したりと、柔軟な対応を心がけてください。

 

3.水商売の経営・独立に必要な費用

水商売の経営・独立に必要な費用の相場は、下記のとおりです。

標準的な出店費用 1,000万~2,000万円
費用を抑えた場合の出店費用 500万~1,000万円

前に入居していたテナントの設備が残っている居抜き物件を活用したり、主要エリアから離れた地域で出店したりすることによって、出店費用を抑えることができます。

 

3-1.出店に必要な費用の内訳

出店に必要な費用は、「設備資金」と「運転資金」です。設備資金は、お店を開業するまでに必要な資金のことを言い、運転資金は、お店を開業してから売り上げが軌道に乗るまでに必要な資金のことを言います。

代表的な設備資金および運転資金は、下記のとおりです。

●設備資金

  • 物件購入費用(店舗を借りる・購入する際の費用)
  • 内装・外装工事費
  • 厨房・空調などの設備費
  • テーブル・ソファーなどの備品購入費
  • レジ導入費
  • 広告宣伝費
  • 求人広告費
  • 営業許可申請費用

●運転資金

  • キャスト・スタッフの給料
  • 家賃・水道光熱費
  • 仕入れ代金
  • 設備のリース料・メンテナンス費用

設備資金に加え、最低3ヵ月分の運転資金を確保するようにしてください。

 

3-2.資金の調達方法

資金的ハードルが低いと言っても、水商売の開業にはある程度の金額を必要とします。自己資金だけでは足りない場合、考えられる資金調達方法は次の2つです。

  • 家族や友人から借りる
  • 金融機関からの融資を受ける

家族や友人からお金を借りる方法は、相手との関係が良好であれば最もハードルの低い資金調達の手段です。事業が儲かるかどうかを考慮せず、応援する気持ちでお金を貸してくれる可能性があります。開業資金の融資が見込める金融機関としては、日本政策金融公庫が挙げられます。

スナック・ガールズバーが日本政策金融公庫から融資を受けるハードルはそれほど高くありません。ただし、キャバクラは融資を受けるハードルが高い傾向にあります。

 

4.水商売の経営・独立を成功させる鍵は「求人」にあり

水商売の経営・独立を成功させるためのポイントは、「質の良いキャスト・スタッフを必要人数確保すること」です。キャスト・スタッフの採用が重要である理由は、店舗の内装やシステムを整えたとしても、キャスト・スタッフが揃わなければ開業できないためです。

キャスト・スタッフを採用する手段としては、下記の方法が挙げられます。

  • 求人サイトへの情報掲載
  • 公式ホームページを作成
  • 人脈からのスカウト

現在はインターネットから検索して仕事を探す人がほとんどであるため、求人サイトへの情報掲載や、公式ホームページを立ち上げ採用ページを設ける方法がおすすめです。

求人情報はできる限り細かく記載し、お店のコンセプトや魅力を伝え、働く上での不安・疑問点を取り除くことを意識しましょう。周囲の同業他社を比較分析し、自分のお店で働くメリットを感じさせる内容に仕上げることが理想です。

 

まとめ

水商売の経営に向いている人は、「水商売で働いた経験を持っている人」「メンタルが強く社交性のある人」「決断力と行動力のある人」です。

水商売での独立を考えた場合、開業までの資金的なハードルが低いというメリットがありますが、キャスト管理が難しいというデメリットもあります。また、出店するためには「設備資金+運転資金」で、500万~2,000万円の確保が必要です。

水商売経営成功の鍵は、「質の良いキャスト・スタッフを必要人数確保すること」と言えます。周囲の同業他社を分析比較し、最適な求人戦略を立て実行しましょう。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読