PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

565 view 分析広告戦略風俗風俗店 風俗コンサルとは?内容やメリット・デメリットを解説
風俗コンサルとは?内容やメリット・デメリットを解説

風俗は、需要の尽きることがないと言われている産業です。そのため、風俗店の新規開業・経営を考えている方も多いでしょう。実際に比較的開業しやすいデリヘルやメンズエステは増加傾向にあり、多くの方が風俗店を開業しています。しかし、いくら需要の尽きない産業とは言え、ただやみくもに経営をするだけでは成功しません。

風俗業界においても、経営上の課題解決や改善策のアドバイスを受けられるコンサルタントが存在します。風俗経営を成功させるためには、風俗経営に特化したコンサルタントへの依頼もおすすめです。

そこで今回は、風俗コンサルの概要やメリット・デメリット、風俗コンサルを選ぶ際のポイント4つを紹介します。風俗店の経営・戦略に関する悩みのある方は、ぜひ参考にしてください。

 

1.風俗コンサルとは

そもそもコンサルタントとは、クライアントの経営における課題点を明確にし、解決策・改善案の提案といったコンサルティング業を行う職業です。飲食業や小売業などさまざまな業種に専門のコンサルタントが存在しており、風俗業も例外ではありません。

風俗に特化したコンサルタント、いわゆる風俗コンサルも、自身の経営する風俗店の経営におけるさまざまな悩みを相談でき、かつ問題解決に向けたアドバイスや成功に導く経営術を教えてもらうことができます。

風俗コンサルには、実際に風俗経営を成功させた経験のある方が多くいます。風俗コンサルの経験やノウハウを学んだうえで身に付けた知識は、風俗経営を成功させるヒントとなるでしょう。

 

1-1.風俗コンサルの内容

風俗コンサルを依頼すれば、店舗運営以外にもさまざまな専門知識を学ぶことができます。風俗コンサルの主な内容は、下記の通りです。

  • 経営戦略に関するコンサルティング
  • 広告戦略に関するコンサルティング
  • キャスト求人に関するコンサルティング
  • キャスト管理に関するコンサルティング
  • 税金や法律関係に関するコンサルティング

風俗経営を成功させるために必要となる知識は、接客や集客だけではありません。マーケティングやキャスト管理、税金・法律系など、あらゆる知識が必要です。風俗コンサルは、経営において必要なあらゆる知識を持って、適切なアドバイスをしてくれます。

 

2.風俗コンサルのメリット・デメリット

風俗スタッフや店長・幹部候補の経験が長年あったとしても、本格的に風俗店を経営し始めると「まったくわからないことばかりで困った」というケースは多々あります。風俗店の経営上に必要な知識を得たいのであれば、風俗コンサルへの依頼が最も近道と言えるでしょう。

しかし、風俗コンサルにはメリットだけでなくデメリットも存在します。ここからは、風俗コンサルを利用するメリット2つとデメリット2つを紹介します。

 

2-1.メリット(1)客観的な立場からの分析・評価を受けられる

風俗コンサルは、風俗経営に関するあらゆる知識を持つプロです。風俗コンサルに依頼することで、風俗経営のプロが現在の経営状況を客観的な立場から分析してもらえ、かつ適切な評価を受けられます。

風俗に限らず、客観的な立場の方からの意見は非常に重要です。実際に成功経験のあるプロの風俗コンサルに経営状況を見てもらい、問題解決に向けたアドバイスを得ることで、成功への道が切り開けるだけでなく、成功までのスピードも上がるでしょう。

 

2-2.メリット(2)専門家によるサポートを受けられる

風俗経営に関する知識のまったくない方が、一から構築して開業・経営しても、軌道に乗るまでには長い期間がかかるでしょう。しかし、風俗コンサルを依頼すれば専門家によるサポートを受けられるため、成功までの時間短縮はもちろん、風俗経営に関する専門知識やノウハウを効率的に得ることが可能です。

風俗店の開業・経営も、一般的な会社や事業の起業と同様、立派なビジネスです。中にはITツールを活用した財務管理などの業務も必要で、長期間風俗スタッフの経験者だったとしてもつまづく可能性は十分にあります。

また、風俗業は他業種に比べて特に経営者同士のコミュニティも少ない傾向にあるため、専門家である風俗コンサルの依頼は非常におすすめです。

 

2-3.デメリット(1)費用がかかる

風俗コンサルを依頼するデメリットは、費用がかかる点です。専門家からの適切な経営アドバイスやサポートを受けるためには、当然大きな費用が必要となります。

また、風俗コンサルに費用をかけて依頼したからと言って、100%経営が成功するというわけではありません。風俗コンサルはあくまでも必要な知識や情報が得られるものであることを覚えておきましょう。

 

2-4.デメリット(2)社内にノウハウが蓄積されない場合がある

依頼した風俗コンサルと主にやり取りを行うスタッフは、店舗経営者・オーナーや店長クラスがほとんどであり、基本的には風俗コンサルのアドバイスに基づいて行動するのみです。そのため、風俗店で働くスタッフやキャストはもちろん、裏方の従業員にノウハウが蓄積されない可能性が高いことを覚えておきましょう。

社内にノウハウを蓄積させたいのであれば、風俗コンサルに頼りきらないこと・社内全体への周知や共有を忘れないことが大切です。

 

3.風俗コンサルを選ぶ際の4つのポイント

全国には、多くの風俗コンサルが存在します。風俗経営の中でもどの業務を得意とするかは風俗コンサル一人ひとりによって異なるため、自身の経営する風俗店の現状に適した風俗コンサルを選ばなければなりません。

最後に、風俗コンサルを選ぶ際のポイントを4つ紹介します。

 

3-1.人間的に信頼できるか

風俗コンサルを選ぶ際は、コンサルタントとしての肩書きよりも、人間的に信頼できるかどうかを重視することが大切です。

豊富に知識を持っている風俗コンサルでも、人間的に信頼できる人だと思えなければ、たとえアドバイスを受けても素直に行動に移すことはできません。

風俗コンサルに依頼したあとは、顧客データや売上データなどの機密情報を共有することとなるため、きちんと信頼できる人を選ぶべきと言えるでしょう。信頼できるかどうかは、風俗コンサルと実際に会って人となりや対応方法をチェックすることが大切です。

 

3-2.論理的な思考力があるか

風俗に限らず、コンサルタントには説得力が重要となります。風俗コンサル自身が論理的な思考力を持っていなければ、提案された解決策・改善策の説得力がなく、不信感を抱いてしまうこととなるでしょう。

風俗コンサルの論理的思考力の有無を判断するためには、話のわかりやすさも重要です。風俗コンサルと実際に会って、話の説得力があるか・信頼できるかどうかをチェックしておきましょう。

 

3-3.風俗経営・コンサルに実績があるか

風俗業界は、他の業界とまったく特色が異なる業界となります。依頼するコンサルタントが他の業界でいくら実績があっても、風俗業界でその経験が役立つとは限りません。

風俗コンサルに限っては、風俗業界の経営における知識や実績がなければ、説得のできる提案をされることはないと考えても良いでしょう。

前述の通り、説得力のない提案では信頼して行動に移すことができません。風俗コンサルを選ぶ際は、風俗業界においてどのような実績や経験があるかをしっかり確認しておきましょう。

 

3-4.求人広告に強いか

風俗経営を成功に導く鍵は、広告戦略・求人戦略にあります。優秀なキャストを揃えなければお客様を増やすこともできなければ、ある程度のお客様がいなければキャストを揃えるだけの予算も生まれません。特に、初めのうちはお客様を呼び込むキャストが重要となるため、求人広告に関する知識を持つ風俗コンサルは重要です。

キャスト求人についてノウハウのない風俗コンサルでは、経営改善の役には立ちません。求人広告についてきちんと知識を持っている、もしくは広告業界に人脈のある風俗コンサルを選ぶべきと言えるでしょう。

 

まとめ

いくら風俗スタッフとしての経験があったとしても、風俗店の開業・経営を成功に導くためには、風俗コンサルの存在が欠かせません。風俗コンサルに依頼すれば、経営に関するさまざまなノウハウを効率的に得ながら、成功までの時間も短縮させることが可能です。

しかし、風俗コンサルに依頼したからと言って必ず成功するわけではありません。さらに、経営する風俗店の経営状況や問題点に適した風俗コンサルでなければ、期待していた成果を得られない可能性もあります。

風俗コンサルを選ぶ際は、「風俗業界での実績があり、信頼できるかどうか」が最も重要なポイントです。ここまでの内容を参考に、ぜひ信頼できる風俗コンサルを探してみてください。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読