PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

117 view ナイトワーク分析効果的戦略 メンズエステ経営は儲かる?繁盛サロンの特徴や経営ノウハウを紹介
メンズエステ経営は儲かる?繁盛サロンの特徴や経営ノウハウを紹介

近年、メンズエステ店は多く見られるようになりました。新たな事業を展開するにあたってメンズエステは儲かるのか疑問を持つ方もいるでしょう。また、人気店にはどのような特徴があるかも、気になるのではないでしょうか。

この記事では、メンズエステの基本情報から、儲かる仕組み、繁盛するお店と廃業するお店の違い、儲かるサロン経営の方法までを詳しく解説します。これから起業を考えている方、メンズエステ業界に関心を持つ方は、ぜひ参考にしてください。

 

1.そもそもメンズエステとは?

メンズエステ(メンエス)とは、男性向けのエステサロン店を指す言葉で、エステティックサロンと、リラクゼーションサロンの2つに分類されます。前者は痩身サロンや脱毛サロンなどの美容サロンとして知られているようなお店で、後者は、女性セラピストが男性に全身マッサージを施すリラクゼーションのお店です。

また、抜きなどの性的サービスを扱うメンズエステは、風俗店としての営業許可が必要となり、「風俗エステ」と呼ばれることが一般的です。

この記事では、リラクゼーションがメインとなる非風俗のメンズエステについて解説します。

 

2.メンズエステは儲かる?

メンズエステのサービスは、マンション型のお店の場合、次のような流れで行われます。

  • (1)現地でセラピストが待機
  • (2)お客さんから予約が入ると案内
  • (3)現地でセラピストが料金を受け取る
  • (4)セラピストが施術
  • (5)お客さんが退店

その後、売上のうちのセラピスト給料分(バック)を差し引いて清算します。バック率の相場は約50~70%です。例として、1日で90分15,000円のコースの予約が4本入れば、売上が60,000円となり、バック(50%)を差し引いても30,000円の儲けとなります。

さらに、マンション型や派遣型の場合は、セラピストとお客さんの間で接客が完結するので、経営者がその場に居続ける必要がありません。そのため、メンズエステは副業としても儲けやすい業態だと言えるでしょう。

 

2-1.メンズエステの経営者の年収は?

メンズエステで雇われているセラピストの年収は約300~400万円と言われている一方で、メンズエステ経営で得られる年収は、お店の規模や形態によって大きく異なります。年収が300万円以下の方もいれば、1,000万円を超える方もいます。

メンズエステ経営者として高い年収を目指すなら、経営形態や規模、事業計画を十分に検討しましょう。

 

2-2.資金調達の方法は?

メンズエステ開業・運営にあたって、まとまった資金が必要です。自己資金でまかなうケースがあるものの、資金不足となるリスクがある他、大きなチャレンジが難しくなります。

資金調達の方法としては、次のような融資を受けることが一般的です。

銀行融資 十分な実績や担保がないと融資を受けられないケースも。利用したい場合は、税理士に相談することがおすすめ。
日本政策金融公庫 比較的低金利で融資を受けられる。無担保・無保証でOKという場合も。ただし綿密な事業計画書を作成し提出することが求められる。

また、国や自治体の補助金・助成金を申請するという方法もあります。日本政策金融公庫の事業計画書よりさらに詳細な書類を作成する必要があることや、募集期間が短いことに注意が必要です。開業資金やランニングコストを抑えることでより安定した経営が実現できるでしょう。

 

3.儲かる繁盛サロンと廃業するメンズエステの違い

メンズエステは参入の障壁が低く、初心者でも企業しやすい業種の1つです。その一方で、多くのお店が数年で廃業に追い込まれていると言われており、長期的に儲けを出すのは容易ではないことがわかります。

ここでは、儲かっているお店と、廃業しやすいお店に見られる大きな違いを2つ紹介します。

●リピート率

長期的に利益を出し続けられるメンズエステでは、同じお客さんが何度も訪れる「リピート率」が高い傾向にあります。廃業するお店は、「性的サービスを匂わせる」「新人の入店をアピールする」など一見目を引くものの、リピーターにつながらない集客に力を入れていることが少なくありません。

●サービス内容

メンズエステでは一般的なリラクゼーション店ほどの技術は求められず、素人の女の子でも簡単に施術を行うことが可能です。とはいえ、心身の疲れを癒しに訪れたお客さんは、施術のレベルや、接客の質をしっかりと感じ取っています。繁盛店では、スタッフの施術・接客の研修をしっかり行い、お客さんの満足度アップを目指していることが多いでしょう。

メンズエステを開業することは簡単である一方で、長く儲けを出し続けるためには努力が必要です。繁盛しているお店のサービス内容などを参考に、どのような経営方針が望ましいか検討しましょう。

 

4.儲かるメンズエステ経営を目指すためには?

メンズエステを開業するなら、しっかりと儲けを出したいと考える方がほとんどでしょう。そのためには、事前に経営の仕方を考えておくことが大切です。

ここではメンズエステ経営において、重視したいポイントを4つ紹介します。現時点でメンズエステの経営に悩んでいる方もぜひ参考にしてください。

 

4-1.集客力をアップさせる

お店に足を運んでもらうためには、集客が必須です。集客のためには、ホームページやSNSを効果的に運用しましょう。ホームページを作る際は、お店のコンセプトや、在籍セラピスト、予約システムを明確化することが必要です。

また、SNSでは営業情報やキャンペーン情報、新人スタッフの紹介などの事務的な内容だけでなく、ターゲット層に合わせた内容も盛り込みましょう。セラピストの日常フォトや日常のつぶやきなども、お客さんに親しみを覚えてもらうきっかけとなります。

なお、ホームページ作成やSNS運用は自分で行うことが可能です。しかし、より集客に効果的な施策を行いたい場合は、プロに相談することもおすすめです。

 

4-2.ブランド価値を上げる

近年、メンズエステの人気は高まっているものの、人気と比例してお店の数も増えています。数多く存在するライバル店ではなく、自身のお店を選んでもらうためにはブランド力、つまり「他店にはない魅力」を高めてアピールする必要があります。お客さんにとって「自分だけの特別な場所」と思ってもらえるよう、雰囲気づくりや接客に力を入れましょう。

ブランド力を高めることで、リピート率を上げられるだけでなく、客単価の向上も目指せます。さらに、優秀なセラピストを募集しやすくなったり、フランチャイズ化をしやすくなったりといったメリットも得られるでしょう。

 

4-3.時間管理を徹底し業務を効率化する

メンズエステ経営は比較的始めやすいものの、お客さんの予約を受けたり、セラピストを雇って研修をしたりと、最初は経営者として行う業務が多岐にわたります。事業規模が拡大すれば、スタッフを増員し、負担を減らすことも可能となりますが、しばらくは多忙な時期が続くと考えておきましょう。

特に、副業としてメンズエステ経営を始めたいと考える方は、本業以外の時間のうち、経営に関する業務に充てられる時間をしっかりと把握しておきましょう。効率化のためには、予約システムやシフト管理システムなどのツールを導入することも一案です。

 

4-4.人材採用・教育に力を入れる

顧客満足度の高いサービスを提供し続けるためには、セラピストの採用や教育に力を入れましょう。セラピストの質は、メンズエステのブランド力やリピート率に大きく関わります。

また、これから起業したいと考えている方は、何もない状態から一緒に事業を始めるメンバーを見つける必要があります。知人にセラピストとして働きたい女性がいないか探すなどするとよいでしょう。

 

まとめ

メンズエステは、男性向けエステティックサロンや非風俗リラクゼーション店のことを指します。比較的新規参入しやすく、初心者でも儲けを出しやすいシステムであるものの、数年で廃業してしまうリスクもあるため、人気店を目指すための工夫が必要です。

儲かるメンズエステ店を目指すには、集客力・ブランド力の向上や、業務の効率化、セラピストの採用や教育に力を入れることが欠かせません。セラピストの採用にお悩みの方は、サイト制作で求人応募率アップを目指す「リクマネ」の導入をぜひご検討ください。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読