PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

104 view 口コミ戦略評判風俗風俗店 風俗店の屋号・店名を決めるポイント5つ|届出時の注意点も
風俗店の屋号・店名を決めるポイント5つ|届出時の注意点も

性風俗営業の開業手続きを行う際に決める屋号や店名は、お店の顔とも呼べる大切な部分です。しかし「良い屋号・店名が思いつかない」「屋号を届出書に書くときのポイントが分からない」など、風俗店の屋号決めに困っている方もいるでしょう。

そこで今回は、屋号・店名の良い決め方や、風俗営業開始の届出書に屋号を書く際のポイントについて解説します。これから風俗店を営業していく上で、人の目を引くような良い屋号を付けたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

1.【風俗店向け】良い屋号・店名の決め方

屋号とは、個人事業者がビジネスの際に使用する名前のことです。

引用:国税庁「屋号・雅号の入力について」/引用日2022/5/8

個人事業主の多くは、店名を屋号にすることが一般的です。しかし、必ず店名を屋号にしなければいけないというわけではなく、店名と違う名前を屋号にすることもできます。また、複数のお店を経営していて、それぞれお店の内容が違う場合は、別々の屋号を持つことも可能です。

屋号は、お客さんにお店の存在を認識してもらう上で重要です。良い屋号にすると、お店の認知度や注目度の向上につながるでしょう。以下では、良い屋号の決め方・選び方のポイントについて解説します。

 

1-1.印象に残る・覚えやすい・言いやすい屋号にする

お客さんにお店の名前を覚えてもらうと、お店について思い出してもらいやすくなり、口コミやSNSで拡散されやすくなります。そのため、新規顧客・売上獲得につながるでしょう。印象に残る・覚えやすい・言いやすい屋号の特徴は下記の通りです。

良い屋号の特徴
  • オリジナリティがあり覚えやすい
  • 長すぎず、言葉に出しやすい
  • 客層を意識している
  • エピソードがある
  • どのようなお店か連想しやすい

お客さんに覚えてもらいやすい屋号にするためには、読みやすさも重要です。印象が強い屋号でも、読みにくい漢字や英語表記、マイナーな外国語などはすぐには読めず、頭に残りにくいです。お店のホームページや名刺でカタカナ表記をする場合でも、正式な屋号の名称に読みにくい言葉を使用するのは避けましょう。

思い浮かんだ屋号を声に出したり紙に書いたりして、覚えやすい屋号か否かをお客さん目線で判断するとよいでしょう。

 

1-2.サービスのイメージがわく屋号にする

どのようなサービスを楽しめるかといったイメージがわく屋号は、お店のコンセプトやサービス内容が一目で分かるメリットがあります。サービス内容や店舗形態をイメージしやすい屋号は、シンプルな名前でもターゲットとしている客層に刺さりやすく、集客効果があるといえます。

また、「ソープランド○○」「デリバリーヘルス○○」「風俗エステ○○」など、お店の肩書を屋号に入れるのも1つの方法です。お店の肩書が屋号に入っていると、お客さんにお店の魅力について直感的なアピールを行えます。

分かりやすい名前にして集客率を上げるためにも、できるだけサービスやコンセプトをイメージしやすい屋号を付けましょう。

 

1-3.ドメインが取れる屋号にする

ドメインとは、インターネット上の住所であり、ホームページやサイトのURLに使われるものです。

ドメインは任意の文字列で取得できますが、ドメインの取得は先着順であり、他社に先に取得されていた場合、同じドメインを取得することはできません。ドメインがなければホームページを作成できないため、お店のホームページを作成する予定の方は、使いたいドメインが取得できるかを先にチェックしましょう。希望する屋号と同じドメイン名が取得できるかはドメイン業者のサイトから確認できます。

独自のドメインを取得すると、お店のホームページがネットで検索されたときに検索結果のトップに表示されやすく、集客効果が期待できます。

ドメインを取得する際は、ドメイン名に気をつけましょう。ほかの企業やお店と類似しているドメイン名はお客さんの混乱を招きます。付けたい屋号が既に存在しているドメイン名と似ていないかも、併せて確認するとよいでしょう。

 

1-4.ネット検索を考慮して屋号を決める

ネット検索は、お客さんが手軽に風俗店を探せる手段の1つです。ネットの検索結果で上位に表示される風俗店は、お客さんに認知されやすい傾向です。また、お客さんが屋号で検索した際、同じ屋号が既に存在していると、自分の風俗店の情報が埋もれやすくなります。希望する屋号が既に存在していないかを、ネット検索で確認しましょう。

良い屋号が思い浮かばない場合は、「デリヘル」や「ソープ」など経営を予定している風俗店と同じ業種のキーワードを検索し、上位に表示される競合店の屋号を参考にするのも手です。

オリジナリティを出したい場合は、刺激的な造語を作り出すのもよいでしょう。風俗経営をするに至ったエピソードや、開業当初の男性スタッフ・女性スタッフの名前など、お店や店長・オーナーに関係する言葉をつけると、インパクトのある屋号が作成できます。ただし、言葉を組み合わせすぎると、お客さんから見て分かりにくい屋号になります。屋号に造語を使用する場合は、シンプルで分かりやすい言葉にしましょう。

 

1-5.屋号に地域名を盛り込んでみる

風俗店は、事業内容の特性上、地域に根ざしたお店を展開していることがほとんどです。屋号に地域名を入れると「デリヘル+地域名」など、風俗業種と地域名を併せて検索したお客さんが、お店を見つけやすくなる効果があります。

また、地域名が入っている屋号は地元の方が親しみを感じるきっかけにもなります。地域名を積極的に盛り込んで、お客さんが親近感を持ちやすい屋号にしましょう。

 

2.風俗営業開始の届出書に屋号を書く際の2つのポイント

風俗店の営業を始める際には、「性風俗特殊営業営業開始届出書」を警察署に提出しなければなりません。届出書に記載する屋号は、店舗型の場合は「営業所の名称」、無店舗型の場合は「広告又は宣伝をする場合に使用する呼称」に記入します。

引用:警視庁「性風俗関連特殊営業(様式一覧)」/引用日2022/5/8

屋号を書く際には、いくつかのポイントに要注意です。以下では、届出書作成時の際に屋号を記す際のポイントについて、2つ解説します。

 

2-1.正式な屋号の「表記ゆれ」も記載する

屋号を記入する欄には、正式な屋号名だけではなく、表記ゆれについても記載しましょう。英語表記の屋号の場合、名刺やホームページ内ではカタカナ表記をしているケースもあります。正式な屋号名が英語表記であっても、お客さん・取引先向けにカタカナ表記をするケースが予想される際は、カタカナ表記をする際の屋号も届出書に記載しましょう。

 

2-2.使えない言葉に注意する

コスプレやイメージプレイを売りにしている風俗店の場合、「○○会社」や「○○病院」などの屋号を使いたいと思っている方も多いでしょう。しかし、会社や病院といった名称を含む屋号は、会社や病院の利用者が風俗店ではないと誤解する可能性があるため、使用を禁止されています。下記の3つは、風俗店の屋号として使えない名称の代表例です。

●屋号に使用できない言葉と理由

屋号に使用できない言葉 禁止している法律の条文
会社 会社でない者は、その名称又は商号中に、会社であると誤認されるおそれのある文字を用いてはならない。
病院 病院又は診療所でないものは、これに病院、病院分院、産院、療養所、診療所、診察所、医院その他病院又は診療所に紛らわしい名称を附けてはならない。
学校 専修学校、各種学校その他第一条に掲げるもの以外の教育施設は、同条に掲げる学校の名称又は大学院の名称を用いてはならない。

引用:e-Gov法令検索「会社法 第七条」/引用日2022/5/8

引用:e-Gov法令検索「医療法 第三条」/引用日2022/5/8

引用:e-Gov法令検索「学校教育法 第百三十五条」/引用日2022/5/8

また、商標登録されている言葉についても注意が必要です。商標登録がされている言葉を屋号に使用すると、権利侵害にあたって損害賠償を請求される可能性があります。希望する屋号と同じ名前の商標がないかを確認しましょう。

 

まとめ

良い屋号・店名を決める際は、印象に残るものやサービスのイメージがわくものにすると、集客効果が期待できます。また、ネット検索で上位になる屋号、地域名を盛り込んだ屋号にすると、お客さんがお店を見つけやすくなります。

風俗営業を始める際には、「性風俗特殊営業営業開始届出書」に屋号の名称を記載しなければなりません。届出書に屋号を記載するときは「正式な屋号だけではなく表記ゆれも記載する」「使えない言葉や商標登録されている言葉に注意する」といった点に気を付けましょう。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読