PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

479 view MEOseowebweb求人デリヘルデリヘル店デリヘル求人ナイトワークホームページ分析効果的な募集募集口コミ女の子集める応募増加応募率応募率アップ戦略求人求人戦略流入運用集める集客 デリヘルの経営にはノウハウが必須!法律知識から人材確保・育成まで
デリヘルの経営にはノウハウが必須!法律知識から人材確保・育成まで

デリヘルの経営に興味がある人の中には、ノウハウや法律に関する知識がなく「なかなか踏み出せない」と思っている人が多くいます。

デリヘルの経営を成功させるには、ノウハウや知識を身につけた上で実践することが必要不可欠です。一度軌道に乗せることができれば、利益の大幅アップを期待できるでしょう。

そこで当記事では、デリヘルの経営で安全に稼ぎたいという人に向けて、デリヘル経営のノウハウや法律知識、人材確保・育成のコツについて解説します。

 

1.デリヘルの経営で成功するにはノウハウが必要!

事業や経営と聞くと、失敗するリスクや難易度が心配になるのではないでしょうか。しかし、デリヘル経営は、他の業界に比べて儲けやすいことが特徴です。

一般的に失敗しにくい事業の特徴としては、下記のものが挙げられます。

  • 利益率が高い
  • 在庫を持たない
  • 社会的なニーズが高い
  • 初期費用や維持費が少ない

上記のような特徴は、デリヘル業界にも概ね当てはまります。開業資金やコスト面での負担が少ないデリヘル経営は、一度軌道に乗せられると店舗拡大などによってさらに利益を増やすことが可能です。

ただし、比較的失敗しにくい業界ではあるものの、デリヘル経営のノウハウ・知識をもっていなければ、成功は非常に難しいと言えます。

デリヘル業界は、同じ地域内に多くのライバル店が存在し、さまざまなコンセプトやお店のアピールポイントで差別化を図っています。はじめから高い売上・利益を出すことは難しく、集客のために苦労を重ねるケースも少なくありません。

そのため、デリヘルの経営で成功するには「法律」「人材確保・育成」「集客」の面でノウハウや知識をもつ必要があります。ここからは、これらについて基本的なポイントを解説します。

 

2.デリヘルを安全に経営するための法律知識

デリヘルを安全に経営するためには、法律に関する知識が必要不可欠です。違法な営業を行うと、経営者は逮捕されるため十分に注意しましょう。たとえ意図的に違法行為を行っていなくても、違法行為があれば「知らなかった」では済まされません。

ここでは、デリヘル経営に関係する法律である「売春防止法」と「風営法」の2つについて解説します。

 

2-1.売春防止法

日本では「売春防止法」によって明確に売春が禁止されています。デリヘルなどの風俗店においては、いわゆる「本番行為」が売春に該当するものです。売春防止法では、具体的に下記のような内容が記載されています。

■売春防止法 第二条、第三条

第二条 この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。

第三条 何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならない。

引用:e-Gov法令検索「売春防止法」

このように、売春防止法では対償を受けて性交することを「売春」と定義しています。ここで言う対償とは、お金だけではなく、食事やプレゼント、雇用の約束、借金免除なども含まれます。

なお、売春防止法では基本的に売春・買春をした側は、処罰の対象ではありません。売春のあっせんや場所の提供、売春をさせる契約などを行った場合、罰金や懲役による罰則が課せられます。つまり、売春防止法では風俗店の経営者が取り締まりの主要な対象者となるため、キャスト・お客さんには絶対に売春・買春をさせないようにしましょう。

 

2-2.風営法

風営法とは、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」の略称です。風俗に関連したサービスを扱う店舗では、必ず風営法を遵守した上で営業を行わなければなりません。

風営法は大きく分けて、キャバクラやホストクラブを含む「接待飲食等営業」、性的サービスを扱う「性風俗関連特殊営業」の2つに分かれます。デリヘルは性風俗店であるため、無店舗型の性風俗関連特殊営業にあたります。

風営法に関する論点は、いくつかありますが、代表的なものが18歳未満の者の接客禁止です。風営法第22条3号では、18歳未満の者に客の接待をさせる行為が禁止されているため、十分に注意しなければなりません。

■風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律 第二十二条三号

第二十二条 風俗営業を営む者は、次に掲げる行為をしてはならない。

三 営業所で、十八歳未満の者に客の接待をさせること。

引用:e-Gov法令検索「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」

このように、接客従事者として18歳未満の女性を使った場合、風営法違反にあたり、経営者は摘発の対象となります。

キャストを集める際には、信頼できる客観的資料を提出させた上で、正確な生年月日を把握する必要があります。つまり、年齢について虚偽の申告がないよう公的書類を確認し、名簿とともに管理しなくてはならないということです。

近年では、児童保護の観点から風俗店を取り締まる動きが強まっています。「18歳未満と知らなかった」という場合でも、裏付ける理由がない限りは、風営法違反の罪に問われることになるため注意しましょう。

 

3.デリヘル経営で大切な集客のコツ

デリヘル経営を軌道に乗せるには、集客が大切です。どのような業種であっても、お客さんが来なければ経営は成り立ちません。

デリヘルの集客は、他の業種に比べて莫大なコストをかけなくとも地道に進められることが特徴です。ここでは、デリヘル経営における集客のコツについて解説します。

 

3-1.ホームページに力を入れる

お客さんがお店選びをする際に、はじめにお客さんが見るのが、お店の「ホームページ」です。ホームページは、主にお店のコンセプトや料金、在籍キャスト、ルールなどを確認するための大切な情報となります。

集客のためには、ホームページにしっかり力を入れてお店をアピールする必要があります。また、検索エンジンで上位表示を目指す「SEO」や、地図検索エンジンで上位表示を目指す「MEO」の対策も重要です。

例えば、「(地名) デリヘル」などで検索した場合に、検索結果で上位に表示されなければ、集客を期待できません。ホームページを運営する際には、検索エンジンからの流入を見込むためにも、SEO・MEOの対策を重視するよう心がけましょう。

 

3-2.写メ日記を重視する

お店の集客力をアップするためには、「写メ日記」を重視しましょう。写メ日記とは、キャストが写真を添えて更新する日記・ブログです。実際にキャストが自ら更新することもあれば、お店がキャストの写真を撮って更新する場合もあります。写メ日記の更新は、見込み客やリピート客に対してキャストの魅力をアピールでき、指名の増加につながります。

実際にお客さんが「写メ日記の女の子に会ってみたい」と思ってもらえる内容を投稿することが、大切です。

また、お店の割引イベントやキャンペーンなど、お得情報を写メ日記に掲載するのもおすすめです。写メ日記でキャスト自身をアピールした上で、お店を利用してもらうためのきっかけを作ることができ、集客につながります。

 

3-3.口コミを大切にする

風俗店のお店選びでは、多くのユーザーが口コミを参考にしています。近頃は、人気風俗ランキングサイトで、口コミ機能が実装されていることが多いです。

口コミを増やすためには、お客さんが口コミ投稿をするメリットを提供するのがおすすめです。具体的には「口コミ投稿で、次回以降使えるクーポンのプレゼント」など、割引クーポンを提供することで、口コミに加えてリピート客の獲得にもつながります。

また、印象に残りやすく、話題になりやすいお店の看板メニューやサービスを用意するのもおすすめです。お店のアピールポイントが分かるメニューを提供することで、お店での体験談を共有することを目的としたユーザーからの口コミを獲得しやすくなるでしょう。

 

4.デリヘル経営の鍵となる人材確保と育成

デリヘルを利用するお客さんの目的は、キャストからサービスを受けることです。そのため、デリヘル経営において、「キャストの確保」「キャストのサービス向上」は欠かせません。

●キャストを確保する方法

キャストを確保する方法には、下記のようにさまざまな方法があります。

  • Web求人媒体に広告を出す
  • SNSやブログで情報発信する
  • 風俗業界で働いている知り合いを紹介してもらう
  • コミュニケーションアプリで女性と出会う

ただし、風俗店は特に女性側にとって「信頼できるお店」ではない限り、なかなか面接には踏み切ってもらえません。そのため、まずは信頼できる求人媒体に登録・掲載して、キャストを集めるのが最も重要と言えます。

●キャスト育成・管理のコツ

キャストのサービス向上と定着率アップには、キャスト管理は非常に重要な役割を担っています。

風俗店で働く女性は、異性と2人きりの空間でコミュニケーションに気を遣い続ける必要があるため、心身ともにバランスを崩しやすい人が多い傾向にあります。仕事内容やノウハウの知識を提供することはもちろん、キャストが頑張れる快適な環境を常に用意することを心がけましょう。

また、経営者とキャストの信頼関係を築くのも大切なポイントです。「お気に入りのキャストを贔屓にする」「キャストやお客さんの陰口を叩く」といった行為は、信頼関係を崩す要因になるため必ず避けましょう。

 

まとめ

デリヘル経営を成功させるには、「法律」「人材確保・育成」「集客」の3つについて、正しいノウハウや知識をもつことが大切です。

売春防止法・風営法について遵守しつつ、お店への集客に力を入れることで安心して運営することができ、店舗の拡大や収益のアップを見込めます。また、デリヘル経営において「キャストの確保・育成」も非常に重要な仕事です。キャストの求人や管理に力を入れて、キャストが満足できる環境づくりを目指しましょう。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読