PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

151 view デリヘルホテヘル風俗店 今後の風俗業界はどうなる?現在の市場動向から将来性を予測
今後の風俗業界はどうなる?現在の市場動向から将来性を予測

風俗店で働きたいと思っている人や風俗業で起業したいと考えている人にとって、「風俗業界の将来性」はもっとも気になることでしょう。世界的な経済不況に陥った場合、風俗業界の動向や市場規模がどうなるのか、疑問に感じることは不思議ではありません。

風俗業界の将来性を予測するためには、現在の市場動向を確認することが重要です。

当記事では、市場動向から今後の風俗業界がどのように変遷するのか解説します。また、転職を検討している人に向けたメリット、起業を考えている人に向けた成功ポイントも説明するため、風俗業界に携わる場合はぜひ参考にしてください。

 

1.現在の風俗業界の動向

全国に約2万店舗存在すると言われている風俗には、ソープランド(ソープ)やヘルス、イメージクラブ(イメクラ)など、様々な業態があります。
現在の風俗業界で主流となっている営業形態は、以下の3つです。

  • 店舗型性風俗店であるソープとファッションヘルス(箱ヘル)
  • ホテルヘルス(ホテヘル)
  • 無店舗・派遣型のデリバリーヘルス(デリヘル)

主流とされる中でも圧倒的に多い業態が、無店舗のデリヘルです
現在は風営法の改正により、店舗型性風俗店の新規出店は実質的に不可能となりました。そのため、すでに風俗営業の許可を得ている場合を除き、店舗型のソープと箱ヘルが今後新しく店を出すことは難しいでしょう。

一方で、デリヘルの参入は増え続けているのが現状です。デリヘルの開業が増えている理由は、法的規制が店舗型ほど厳しくなく、手続きのハードルが低いことが挙げられます

キャバクラなどのナイトビジネスの場合、商業地域や工業地域以外の場所で営業することは認められません。しかし、デリヘルの場合、警察署への届出が受理されれば、新しく出店することができます。また、事務所の立地や営業時間に関する規制もデリヘルは受けません

 

2.今後の風俗業界の動向

過去の風俗業界の流れを見ると、風俗業界は日本経済の景気に左右されることなく発展していることがわかります。不況の影響で他の消費は落ち込んでも、性風俗の市場規模が縮小することはなく、順調に推移しています。

ここからは、市場規模を踏まえて今後の風俗業界の動向を解説します。

 

2-1.市場規模は拡大傾向にある

性風俗業界には、日本社会の不況のたびに利用する男性や従事する女性が増え、市場が活性化したという歴史があります。

たとえば、昭和のオイルショックの際には、就職できなかった女子学生が風俗で働くようになり、素人の女子学生による初々しいサービスが風俗業界の新しいトレンドとなりました。平成のリーマン・ショック時は主婦層が風俗で働き始め、人妻専門店という新たなジャンルを確立しています。このように、性風俗業界は不況に左右されにくいことが特徴です

令和の時代になっても、国内のアダルト市場は拡大傾向にあります。食品やデジタルコンテンツ、出版など含めた2014年度の国内アダルト向け市場規模は46兆9,763億円であり、名目GDPの10分の1を占めています。その中でも、ラブホテル・ソープランド・ファッションヘルス・デリヘルを含む風俗施設・サービス市場の規模は、前年度比2.1%増の3兆5,775億円です

出典:株式会社矢野経済研究所「アダルト向け市場に関する調査結果 2016」

風俗業界は、人間の三大欲求のひとつである「性欲」に関わる業界です。人間の欲求が絶えない限り風俗業界は存続するため、風俗業界に将来性はあると言えるでしょう

 

2-2.新規参入の増加で競争は激化している

店舗型性風俗店の新規出店は難しいことから、近年はデリヘルの新規開業が増えています。新規参入によるデリヘルの増加で競争は激化しているものの、競争の激化は市場の活性化やサービスの向上にもつながっています

今後は「繁盛店が店舗を増やして大手グループを形成する」「資金力のある異業種の大手企業が参入する」などの動きが出てくると予想されます。潤沢な資本力を元手に新たなジャンルが生まれれば、新規顧客の獲得により、風俗市場の拡大化はさらに進みます。
風俗市場の発展に伴い様々な制度が整うことで、風俗業界は安定へ向かうでしょう

 

3.【転職向け】将来性のある風俗業界で働くメリット

今後も風俗業界の市場規模は拡大傾向にあります。将来性があり安定しているため、風俗業界は転職に向いている業界であると言えるでしょう

風俗業界に転職するメリットは、以下の通りです。

●昇給・昇格が早く、高収入を得やすい

風俗業界であれば、転職した数か月後に前職の倍の給料を得られるケースもめずらしくありません。風俗業界は一般的な業種と査定の基準が異なり、結果を出すほど昇給・昇格するため、着実な収入増が見込めます。「転職の1年後には店長となり、数年後には独立する」という働き方も夢ではありません。

●やる気があれば、年齢や学歴は問われない

風俗業界で働くにあたり、必要となる資格や条件は特にありません。18歳以上という年齢さえ満たしていれば、学歴や経験を問わず採用される傾向にあります。50~60歳で転職した人・中卒で働き始めた人が、店長や幹部になったケースも多く存在します。とはいえ、風俗業界は接客業でもあるため、最低限の敬語やマナーは必要です。

●寮付きなど、遠方から引っ越ししても働ける

風俗店のほとんどは、遠方から引っ越しても働けるように店側で寮を用意しています。そのため、風俗業界の従業員となることを周囲に知られたくない場合や、地元を離れて都会で働きたい場合でも、居住地に関して悩む必要はありません。通常、寮は家具家電付きのマンションです。家賃が無料の風俗店もあるため、生活に困っている人も安心して勤務できるでしょう

 

4.【起業向け】風俗業界で経営を成功させるポイント

いくら風俗業界は将来性があると言っても、ただ店舗を開くだけでは風俗経営は成功しません。風俗業界の独立・起業で成功を収めるためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります

これから風俗業界で起業しようと考えている人は、下記のポイントを意識しましょう。

●ニーズに合わせたコンセプトを打ち出す

風俗業界は競争が激化しており、ありきたりなサービスでは他店に埋もれる可能性があります。顧客に注目される人気店となるためには、ニーズに沿った斬新なコンセプトで、他店との差別化を図ることが重要です。とはいえ、ただ変わったコンセプトを打ち出すだけでは、リピーターを獲得することはできません。独自性がありつつも顧客のニーズに応えるコンセプトは何か、市場調査を繰り返し行う中で見つけましょう。

●ホームページやポータルサイトで集客する

風俗業界では、インターネットを積極的に活用すべきです。店舗ホームページを作り込むことはもちろん、ポータルサイトに情報を掲載することで、効果的な集客が見込めるでしょう。特に風俗専門のポータルサイトは、顧客が風俗店の存在を知るきっかけとなる場です。頻繁に更新し、常に最新の情報を掲載しましょう。

●質の高い女の子を呼び込める広告媒体を利用する

どれほどコンセプトがよくネットでの集客がうまくいっても、キャストとして働く女の子の質が低ければ、リピートして来店する顧客は減ります。風俗嬢としての素質がある魅力的な女の子を呼び込むためには、求人媒体にも注力する必要があります。
リクマネは、求人効果の視覚化・最大化が図れる求人媒体です。問い合わせ率の高い求人広告を作成したい場合は、ぜひリクマネを利用してみてください。

 

まとめ

現在の風俗業界はソープ・ホテヘル・デリヘルが主流となっていますが、店舗型性風俗店の新規出店が非常に困難であることから、デリヘルの新規参入が増えています。風俗業界は不況の影響を受けにくく、今後も市場規模は拡大すると予想されています。

風俗業界は年齢や学歴、前職の経験などを問わず、比較的早く昇給・昇格が見込めるため、転職すれば高収入を得ることが可能です。また、業界全体の将来性も明るいことから、独立・起業にも適している業界です。

風俗店の新規出店にあたり働く女の子を募集する場合は、訴求力のある求人広告を手がけているリクマネを検討してみましょう。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読