PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

71 view web求人アダルト戦略求人戦略運用風俗風俗店 風俗経営を成功させるノウハウとは?開業に必要な準備も解説
風俗経営を成功させるノウハウとは?開業に必要な準備も解説

風俗業界は「稼げる」というイメージが強く、いつかは風俗業界で独立・開業したいと考えている人も少なくありません。しかし、風俗業界で独立する方法については、一般的な飲食店などと比べて情報が少なく、どのように起業すれば良いのかわからないものです。

そのため、開業に向けて具体的にどのような準備を始めるべきか、どのように経営すれば良いのか、などで悩んでいることでしょう。

そこでこの記事では、風俗業界で成功者となりたい人のために、風俗店を経営するノウハウについて解説します。

 

1.起業・開業できる風俗店の種類

通常、風俗店とは、性的サービスを男性に提供する店全般のことを指します。風俗店のなかには、いくつかの業種があるため、起業・開業するためには、どのような風俗店を経営するのかを決める必要があります。

(1)店舗型風俗

ソープランドやファッションヘルス(箱ヘル)などの店舗型風俗では、実際に店舗を構えて、店内で性的サービスを提供します。昔から存在するタイプの風俗店ですが、現在では風営法によって規制されており、風俗街以外での新規出店は行えません。

(2)無店舗型風俗

店舗型風俗に代わって近年、店舗数が増えている業態が、デリバリーヘルス(デリヘル)やホテルヘルス(ホテヘル)などの無店舗型風俗です。無店舗型風俗では、店舗を持たずにラブホテルやお客様の自宅で性的サービスを提供します。

店内を掃除したり、待合室を管理したりする必要がないため、男性スタッフの人件費や備品コストを抑えられることにより、小資本で開業することが可能です。

 

2.風俗店の経営を始めるための準備

風俗店を開業するだけでは「経営に成功した」とはいえません。風俗店の経営を成功させるためには、しっかりと準備を整えることが重要です。

ここでは、風俗店の経営を始めるために必要な準備について解説します。法律的な手続きから、資金調達、人材確保まで幅広く取り上げるため、ぜひ参考にしてください。

 

2-1.風営法と売春防止法の理解

風俗店に限らず、店を開業・経営するためには業界に関する法律を理解することが欠かせません。風俗店の場合は、「風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)」と「売春防止法」について理解する必要があります。

風営法の規定では、風俗店を開業する時に開業手続きとして「(無)店舗型性風俗特殊営業届出書」をはじめとしたさまざまな書類を作成し、警察に提出しなければなりません。必要な書類を提出せずに営業していると風営法違反となり、懲役または罰金などの罰則が科せられます。

また、売春防止法では対価を伴う性交渉や売買春を助長する行為を、許可していません。そのため、売春防止法を理解し適切な接客やキャスト指導を行っていなければ、経営者が逮捕される場合があります。

 

2-2.資金の用意

開業資金には、店を開業するために必要な「開業準備資金」と、店の経営を軌道に乗せるために必要な「運転資金」の2種類があります。各費用の目安と内容は、以下の通りです。

開業準備資金…約200万円

  • 物件契約費用
  • 備品の購入費用
  • 送迎用車両の購入・レンタル費用
  • ホームページ作成費用
  • 営業届を申請するための代行費用 など

運転資金…約300万円

  • 営業広告費用
  • 求人広告費用
  • 男性スタッフの人件費
  • 物件維持費用
  • 備品の購入費用 など

店の経営が安定するまでには、時間がかかります。開業初期の数ヶ月間は赤字経営を覚悟しなければなりません。最低でも3~6ヶ月は赤字でも経営できる資金を、運転資金として用意しておきましょう。

なお、風俗店は銀行から借入れできません。銀行からの借入れを行えないため、開業資金はすべて自分で用意する必要があります。

 

2-3.キャストとスタッフの確保

風俗店の経営で最も大切なことは、キャストと男性スタッフの存在です。キャストがいなければ店を開けません。また男性スタッフがいなければ、店を営業することは不可能です。

キャストと男性スタッフは、以下の方法で募集します。

キャストの募集方法

  • 知人に紹介してもらう
  • SNSやブログ・ホームページで募集する
  • マッチングアプリでスカウトする
  • 女性向け風俗求人サイトで募集する など

男性スタッフの募集方法

  • 知人に紹介してもらう
  • SNSやブログ・ホームページで募集する
  • 男性スタッフ向け風俗求人サイトで募集する など

費用をかけずにキャストや男性スタッフを確保したい場合は、豊富な人脈が必要です。風俗嬢の知人や友人を紹介してもらうなどして、人材を集めます。

人脈を期待できない場合は、風俗求人サイトを活用しましょう。広告費用が必要となりますが、「どのような店なのか」「どのような人材を求めているのか」という情報を提示できるため、希望に沿った人材を集められます。

 

3.風俗店の経営を成功させるノウハウ

風俗店の経営は、簡単ではありません。利益を出し、経営を成功させるためには、戦略や知識が必要です。

ここでは、比較的開業が容易な無店舗型風俗のデリヘル店を例に、経営を成功させるためのノウハウを紹介します。開業後の経営を早期に安定化させるために、ここで紹介するノウハウをぜひ押さえてください。

 

3-1.キャストとは適切な距離で寄り添う

風俗店において、キャストは大切な「利益を生み出す人材」です。店の経営を安定化させるためには、キャストに快適に稼いでもらい、接客態度の良い状態で長く在籍してもらうことが重要といえます。そのためには、キャストとのコミュニケーションや待遇面・精神面でのフォローが欠かせません。

キャストには日常的に以下のようなフォローを行いましょう。

  • キャストの「愚痴聞き役」となる
  • 指名が取れないキャストには、アドバイスを行ったり、売り出し方を再考したりする
  • 売上の高いキャストには、ボーナスを出す

ただし、キャストとの距離感には注意が必要です。特定のキャストと距離を縮め過ぎると他のキャストのモチベーションに悪い影響を与える可能性があります。
多くのキャストを同時に管理するためには、どのキャストも平等に一人の働く女性として尊重し、接することが大切です。

 

3-2.すべての業務を行えるようにする

風俗店で働く男性スタッフのなかには、突然連絡もなく辞めてしまう人がいます。信頼していたスタッフに裏切られることは辛いだけではなく、店の営業に支障をきたすことがあります。新しい男性スタッフを採用し、一人前になるまで教育するためには時間がかかります。

万が一、店長など幹部クラスの男性スタッフが突然辞めてしまったとしても、店舗運営に支障をきたさないために、自分ですべての運営業務を行えるようにしておきましょう。

 

3-3.Web集客を重視する

お客様は、風俗情報サイトや店のホームページなど、Webサイトを見て店を選びます。そのため、Webサイトに載せる店や在籍女性の情報を充実させることが重要です。
集客用ページは、「どのようなキャストがいるのか」「どのようなプレイができるのか」などの情報が具体的に伝わるように作ります。デザイン性よりも写真やテキストなど情報量の多さに力を入れましょう。

また、Web活用は、集客だけではなく求人活動においても重要となります。キャストを効率的に募集するためには、求人用ページを作成し、仕事内容や給与などの情報を詳細に記載する必要があります。
ホームページだけではなく、女性向け風俗求人サイトを活用することで、効果的な採用活動が行えます。

「リクマネ」では、機能性の高いサイト設計と訴求力の高いレイアウトの求人広告・サイトを制作することが可能です。キャストや男性スタッフの効果的な採用活動を目指す人は、「リクマネ」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

風俗の経営は、成功すれば高収入を実現できます。また、風俗は他の業種に比べると必要な開業資金が少なく、挑戦しやすいジャンルです。
しかし、開業のためには事務作業や自力での資金調達、キャスト・男性スタッフの確保など地道な準備が必要であるため、簡単なことではありません。

キャストや男性スタッフの確保は、風俗店の開業・経営において特に重要な要素です。「リクマネ」の求人広告・サイト制作サービスを活用し、効果的に採用活動を進めましょう。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読