PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

112 view マーケティング広告広告代理店広告効果戦略集客 【風俗マーケティング】集客力と売上アップにつながる戦略
【風俗マーケティング】集客力と売上アップにつながる戦略

風俗店の売上を伸ばしたいとき、「お店にレベルの高い女の子を揃えればいい」と考える経営者の方も多いのではないでしょうか。しかし、単純にお店の魅力を増やしたとしても、売上に直結するとは限りません。

風俗業界で売上アップするためには、「風俗店における正しいマーケティング戦略」を行うことが大切です。

そこで今回は、経営者が知っておくべき風俗マーケティングの重要性と、具体的なマーケティング戦略について解説します。

 

1.風俗マーケティング戦略は集客を左右する

マーケティングとは、企業が顧客の求める商品・サービスを作り、購入してもらうために行うビジネス活動のことです。

基本的なマーケティングは、下記の流れで行われます。

  • ①市場調査により消費者ニーズの分析
  • ②調査結果を元に企画(商品・サービス)の決定
  • ③商品・サービスの宣伝広告活動
  • ④売上や反響によりマーケティング活動の効果検証

企業はマーケティングを行うことで顧客ニーズに沿った商品開発ができ、顧客は自然と商品・サービスを購入したい状態となります。商品・サービスの売れる仕組みを作れることが、マーケティングを行う利点です。

近年、風営法により店舗型風俗の新規出店は困難となっています。無店舗型風俗であるデリヘル開業が多い中、売上を着実に伸ばすためにはマーケティングが重要です。
たとえお店にレベルの高い女の子を揃えても、お店はデータの情報収集ができません。
訴求力のあるサービス提案ができないため競合他店と差別化ができず、売上も伸びなくなるでしょう。

 

2.風俗マーケティングの基本スキル「AIDMAの法則」

風俗マーケティングを行う際、押さえておくべき基本スキルが「AIDMAの法則」です。
AIDMAの法則とは、顧客が購買行動を起こす際の心理的プロセスであり、以下5つの頭文字で構成されています。

  • A:Attention(注意)
  • I:Interest(興味)
  • D:Desire(欲求)
  • M:Memory(記憶)
  • A:Action(行動)

各行動段階において、風俗店はどのようにマーケティングするべきかを見ていきましょう。

 

2-1.【Attention】風俗店の存在を知らせる

「Attention」では、顧客であるお客様に風俗店の存在を認知してもらうことが大切です。

お店がどれだけ魅力的な女の子やサービスを提供していても、お客様に認知してもらえなければ売上にはつながりません。
お客様に風俗店の存在を知ってもらうことで、サービスを購入する以降のプロセスに繋げることができます。

お客様に風俗店を認知してもらうためには、チラシ・雑誌・Webなどの媒体で広告宣伝することが必要です。
特に近年はWeb広告の比重が増しており、自社サイトはもちろん、SNSや風俗情報サイトを利用した情報発信も重要となっています。

「Attention」のステップを考える際は、お店を訪れてくれるであろう見込み客の属性を把握しましょう。
想定する見込み客の年齢・職業・収入などにより掲載する媒体を選択することで、注目を集められる認知活動が行えます。

 

2-2.【Interest】男性客の興味を引く

「Interest」は、お客様に商品への興味を持ってもらうためのプロセスのことです。

お客様が風俗店の存在を認知しても、まだお客様自身のことと結び付けて考えてはくれません。「Attention」で集めた注目を活かすために、「自分に利益がある情報だ」とお客様に興味を持ってもらう「Interest」のステップが必要となります。

風俗店が出す広告媒体でお客様の興味を引くためには、お店で働く女性の写真を掲載することが効果的です。
たとえばWeb広告トップに魅力的な女性の写真を表示することで、アクセスしたお客様の興味を引くことができます。
ページのところどころにも写真を散りばめることで、広告の最後まで興味を持続させることが可能です。

興味を引くための画像を作る際は、服装・ポーズやカラーなど構図を変えたり、顔出しNGの場合はどのように隠すか考えたりなど、いくつかのポイントがあることも覚えておきましょう。

 

2-3.【Desire】欲求を引き起こす

「Desire」では、お客様に風俗店のサービスを魅力的に感じてもらい、かつ「お店を利用したい」と思わせることが大切です。
「Interest」でお客様が抱いた興味を伸ばすためのプロセスです。

お客様が風俗店のサービスに興味を持った場合、半面で「安心できるお店だろうか」「具体的なサービス内容と料金を知っておきたい」と不安も抱えています。
そのため、まずはお客様の不安を解消してから、興味を伸ばして欲求を引き起こす手順が必要です。

実際に「Desire」でお客様の興味を欲求へと変える方法には、さまざまなものがあります。
たとえば広告媒体の場合、主に下記の方法が行われます。

価格面 料金設定の提示・割引サービスの情報
サービス面 在籍女性の情報・プレイ内容やオプションサービスの提示
利用情報 口コミや体験談の設置

お客様に読んでもらうためには、広告内の文章は簡潔にして、目に留まりやすい場所へ配置することが大切です。
ただし、ある程度は扇情的な文章にしなければ欲求を引き起こせない可能性も高いため、バランスを意識して作成しましょう。

 

2-4.【Memory】記憶に残す

お客様の興味が欲求に変わっても、すぐにお店へ来店したり問い合わせたりするとは限りません。
ふとした機会に欲求を呼び起こすためには「Memory」、つまり記憶に残すプロセスが不可欠です。

お店やサービスの強いイメージをお客様へと植え付けることで、欲求を持続させて購買へと繋げることができます。

記憶に残すためには、視覚や聴覚に訴えることが基本です。
たとえば「在籍キャストの登場する動画をサイト上で流す」方法があります。
映像内で女性の動きを見て、声を聞くことで、お客様の記憶に強いイメージを残せるでしょう。

また、「在籍キャストのブログを掲載する」方法も効果的です。
お店で働く女性の文章を読むことで、お客様は自分もお店に行ったような体験をすることができます。
ブログを定期的に更新することで、お客様の欲求を持続させやすい点もメリットです。

 

2-5.【Action】サービスを利用してもらう

最後に、お客様の選択する行動が「Action」です。

お店の存在を知り、十分な興味が欲求となり記憶に残って、お客様は「サービス利用するか、しないか」を決定します。
風俗店側が4つのプロセスで十分にアプローチできていれば、相当数のお客様にサービスを利用してもらえるでしょう。

ただし、お客様がサービス利用を決めるだけで「Action」が終わるわけではありません。
「Action」は、お客様が実際にサービスを利用することが成功です。
そのためには、サービス利用の流れを明確にする必要があります。
お客様が実際のサービス利用で迷わないように、下記のポイントを整備しておきましょう。

  • 店舗の位置が分かりやすいマップ
  • サービス利用の流れ
  • サポート案内
  • よくある質問(Q&A)

「AIDMAの法則」全てに言えるポイントは、「お客様の立場で考える」ことです。
最後の「Action」もお客様の立場で利便性を追及することで、購買意欲のある見込み客を逃さずに集客ができるでしょう。

 

3.マーケティングは風俗求人広告にも通ずる

「AIDMAの法則」で集客力を上げることができても、女の子のレベルが低い状態ではお客様に継続して利用してもらえません。
レベルの高い女の子を集めるためには、風俗求人広告の制作を得意とする総合広告代理店に依頼することをおすすめします。

風俗求人広告もマーケティングの手法を駆使して、応募者を増やすアプローチが必要となります。
総合広告代理店はユーザー目線のWebデザインにより、訴求力がある求人ページを作成することが可能です。

前述したように、近年はデリヘルの新規出店が多く、競合も依然として増えている状態にあります。
その中で売上を伸ばすためには、マーケティング戦略・女の子の質、どちらも重視しなければなりません。

Web集客が主流となる中、サイトを閲覧した女の子が「応募したい」と思ってくれるような求人ページの制作は重要です。
女の子の目を引く求人ページ・LP(ランディングページ)を制作したいのであれば、風俗求人広告の実績のある広告代理店に一度問い合わせてください。

 

まとめ

風俗店の集客力を伸ばして売上アップするためには、マーケティング戦略を取り入れることが必要不可欠です。
風俗マーケティングは、基本スキルである「AIDMAの法則」を踏まえて行いましょう。
ここまで紹介した各プロセスにおいて、正しいアプローチ方法を行うことで、売上アップの実現も期待できるでしょう。

また、お客様に風俗店を継続利用してもらうためには、レベルの高い女の子を集める求人活動が欠かせません。
風俗求人広告を制作できる総合広告代理店に依頼して、売上アップを望める店舗体制を整えましょう。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読