PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

73 view キャバクラナイトワーク仕事 ナイトワークとは?種類ごとの概要・特徴を徹底紹介!
ナイトワークとは?種類ごとの概要・特徴を徹底紹介!

ナイトワークとは特定の業態ではなく、さまざまな種類の仕事の総称です。お客さんが求めるものやターゲット層によって、提供するサービスも異なります。

ナイトワークの経営者や男性スタッフを目指す方は、まず「自分に合ったお店の種類」を見極める必要があります。種類ごとに仕事内容や客単価など複数のポイントを十分に比較したうえで、自分が経営したいと思うお店を見つけましょう。

今回は、ナイトワークとは何か、どのような種類があるのか、それぞれの特徴を挙げながら詳しく紹介します。

 

1.高収入が魅力!ナイトワークとは?

ナイトワークとは、言葉のとおり「夜職(よるしょく)」と呼ばれる仕事です。ただし時間や業態に明確な定義はなく、たとえば朝キャバや昼キャバなど午前から午後にかけて営業・勤務している場合も夜職、いわゆるナイトワークとして分類されます。

働く女性も多様化しており、大学生やフリーターの他、昼間は一般企業で働いて副業としてナイトワークで活躍するケースも少なくありません。女性の多くは接客を担当しており、大勢いるスタッフ(キャスト・フロアレディ・カウンターレディなど)を束ねる「ママ」がいるお店もあります。

 

2.ナイトワークの種類7選

ナイトワークと一口に言っても、多くの種類が存在しています。女の子と会話を楽しみながらお酒を飲むお店から、スキンシップをメインとしたお店まで、提供するサービスもさまざまです。

ここからは、代表的な7種類のナイトワークについて、特徴や仕事内容、おおよその客単価を紹介します。

 

2-1.キャバクラ

キャバクラは、各テーブルでキャバクラ嬢とも呼ばれる女性キャストが接客を行うお店です。主な仕事内容は、お客さんに飲食やキャバクラ嬢とのコミュニケーションを楽しんでもらうことで、あくまで接待飲食店として営業しています。

基本は1時間程度のセット料金が設定されており、同伴や指名料、延長料金などが別途加算される仕組みです。各サービス料やドリンク・フードの販売価格のうち、一定の割合がキャバクラ嬢の給料に手当として反映されます。

キャバクラの客単価は、新規のお客さんとリピーターで差が出やすいことが特徴です。新規の場合は基本料金に抑えるケースが多く、ガールズバーと同程度の金額となる一方で、リピーターは同伴や本指名によって大きく変動します。

 

2-2.スナック

スナックは、カウンター越しに飲食を提供するお店です。接客もカウンターを挟んで行い、常連客や地元客が利用者の大半を占めています。

基本的な仕事内容は、カウンターレディとも呼ばれる女性キャストが接客をしたり、お酒を作ったりするなど、一般的なカウンターバーと同様です。

カウンターレディはキャバクラやガールズバー経験者も多く、20代から50代前後まで年齢層が幅広いことが特徴です。時間ごとに料金が生じる時間制もしくは席料(チャージ)制のいずれかが採用されており、他のナイトワークに比べて客単価は一概に高いとは言えません。

 

2-3.ガールズバー

ガールズバーは、「女性がバーテンダーを務める」ことを売りとしたショットバーです。飲食店に分類されるため営業時間の制限が少ない一方で、カジノ風やスポーツバーなどお店ごとのコンセプトによって差別化を図っています。

同伴やアフターはなく、主な仕事内容は女性キャストがカウンター越しに接客したり、お酒を提供したりと通常のショットバーと大きな差はありません。

ガールズバーの客単価は、キャバクラと同程度もしくは若干低い傾向です。ただしキャバクラでは困難なマイナス営業(客数よりも少ない人数で接客する)を取り入れるなど、工夫次第で客単価を大幅にアップさせることができます。

 

2-4.ラウンジ

ラウンジは、男女問わずお酒やコミュニケーションを楽しむためのお店です。一見さんお断りの会員制システムを導入しているところも多く、ドレスコードを設ける場合もあります。

時間制ではなくフリータイムによる営業が一般的で、40~50代前後が主な客層です。接待飲食店に分類されるため、深夜以降の営業は不可とされています。

基本的な仕事内容はキャバクラと同様で、フロアレディと呼ばれる女性キャストがお客さんの席について接客します。ただし、タバコに火をつけたりお酒を作ったりする必要はなく、指名制度もありません。

一般的なラウンジの客単価は、キャバクラ・ガールズバーと同程度です。高級ラウンジの場合は富裕層や芸能人などの利用が多いうえ、団体客や会社の接待としての利用が大半を占めるため、高い客単価が期待できます。

 

2-5.クラブ

クラブもラウンジと同様、団体客や会社の接待の場として選ばれることが一般的なお店です。会員制で高級なお店が多く、フロアレディへの指名は「永久指名(一度指名すると変更できない)制度」が設けられている場合もあります。

主な仕事は、ラウンジと同じくフロアレディがお客さんの席について接客を行うことです。ひとりのお客さんにつき複数の女性がつきます。

会員制や高級クラブの客単価は、高級ラウンジと同程度です。企業の重役など社会的地位の高い方が客層のメインとなっており、働く女性も高い質が求められます。容姿のレベルはもちろん、上品な身のこなしができ、かつ豊富な知識や一定水準以上の教養があることも重要です。

 

2-6.パブ

日本においてパブは本来、洋風の居酒屋を指す言葉として使用されていました。ナイトワークの場合、おっぱいパブやセクシーパブなどスキンシップを伴うサービスがメインのお店を意味します。

女性キャストの主な仕事は接客やお酒作りで、服装規定のないところが多いため、アットホームな雰囲気を楽しみたい方に人気です。

利用者の年齢層も幅広く、アフターもないことから、客単価は人によって大きく変動します。

 

2-7.風俗

風俗は、性的なサービスを行うお店です。ジャンルや業態でさらに細かく分類することができますが、店舗形態別に大きく分けると、個室付きの店舗を構える「店舗型」と、受付のみ構えてホテルやお客さんの自宅へ女性キャストが向かう「派遣型」の2種類です。

店舗型風俗店 派遣型風俗店
  • ソープランド
  • ファッションヘルス
  • エステ 等
  • デリヘル
  • ホテヘル
  • エステ 等

店舗型は受付の他に個室が設けられており、シャワーやベッドなどが完備されています。女性キャストは指名が入ると個室へお客さんを案内し、サービスを行うことが基本です。

派遣型は店舗を設けず、電話・メール・受付所(ホテヘルのみ)のいずれかで利用予約を受けます。指名が入ると、女性キャストは待機していた場所からお客さんに指定された場所へ向かい、サービスを行います。

お店のジャンルやランクに左右されつつも、基本的に風俗業界は客単価が高い傾向にあることが特徴です。キャバクラなどと同じく、時給に加えてオプション料金のうち一定割合が給与に反映されます。

 

3.求人を出す際は「リクマネ」がおすすめ!

経営者としてナイトワークに携わる場合、業態選びや店舗・設備の準備に加えて、働いてくれる女性を探す必要があります。求人広告を出し、お店のコンセプトや条件に合う女性を集めましょう。

ナイトワークの求人広告を出すときは、一般的な求人情報サイトではなく風俗業界専用の「リクマネ」もおすすめです。風俗業界に特化しているため、下記のようなメリットがあります。

  • 風俗業界専門の求人サイトで女性の目に留まりやすい
  • SEO対策で求人用のランディングページ以外からも反響
  • 問い合わせ方法ごとのレポートで費用対効果を分析できる

リクマネは、風俗業界の求人を探している女性の目に留まりやすく、見やすいランディングページで効率良くアプローチできます。SEO対策にも力を入れており、求人用のランディングページ以外にプロのライターが作成した記事からのアクセスや反響も期待できるでしょう。

コストを最小限に抑えつつ、効果のあるアプローチ方法に力を入れたいと考える方は、ぜひリクマネでのサイト制作を検討してみてください。

 

まとめ

ナイトワークとは、キャバクラやパブ、風俗などさまざまな種類の夜の仕事をあらわす言葉です。それぞれお店ごとに魅力は異なるため、特徴をよく理解したうえで自分に合う業態を選びましょう。

また、一般的なナイトワークの求人サイトは多くの女性がチェックするものの、掲載しても欲しい人材に情報が届きにくい可能性があります。風俗店の経営を決めたうえで、質の高い女性キャストの募集を検討している方は、業界専用のリクマネをぜひご利用ください。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読