PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

14 view デリヘルデリヘル店 デリヘルの営業には事務所が必要|物件を選ぶ際のポイントを解説
デリヘルの営業には事務所が必要|物件を選ぶ際のポイントを解説

デリヘルの営業を行うためには事務所を構えなければなりません。しかし、デリヘルの事務所として使用することを承諾する家主は、実際のところ多くはありません。

当記事では、デリヘルを開業するための事務所に関する基礎知識や、物件選びのポイントについて解説します。デリヘルの経営を成功させる上で最も重要なポイントについてもまとめているため、これからデリヘルを開業しようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

1.デリヘルの開業に必要な事務所とは

デリヘルは「デリバリーヘルス」という名前の通り、ビジネスホテルやラブホテル、お客さんの自宅などに女性キャストを派遣する性風俗ビジネスです。事務所を構えなくとも行えるというイメージを持っている人もいますが、デリヘルを開業する際は事務所が必須となります。

デリヘルの事務所には、以下2つの役割があります。

  • デリヘルの営業を行う
  • 警察署への届出を行う

デリヘルのサービスを提供するためには、電話受付や売上管理などの業務を行ったり、女性キャストが待機したりする場所が必要です。

また、デリヘルを開業するためには警察署への届出を行わなければならず、その届出にも事務所をどこに構えているかを記載する必要があります。
開業に事務所が必要な理由は、デリヘルが風営法の「性風俗関連特殊営業」に該当し、届出制となっているためです。事務所を構えていない場合は届出ができず、デリヘルの営業が認められません。

ただし、事務所を構えるといっても男性客が出入りし、プレイするための物件ではないため注意しましょう。デリヘルは無店舗型風俗のため、男性客が出入りする場合は店舗型と判断され、違法営業とみなされる可能性があります。

このようにデリヘルを開業する際は、経営者・スタッフ・キャストが利用し、警察への届出を行うために事務所の存在が必要不可欠です。

 

2.デリヘルの事務所形態

デリヘルの事務所形態には、大きく分けて以下の2つがあります。

  • 住宅型の事務所
  • オフィス型の事務所

デリヘルの事務所はオフィス型ではなく、マンションの一室を利用した住宅型としていることがほとんどです。家主に「無店舗型性風俗特殊営業」の事業を営むことを伝えて、了承を得ていれば、事務所の形態には特に規制がありません。

ここでは、それぞれの事務所形態について詳しく解説します。

 

2-1.住宅型の事務所

デリヘルの事務所として最も多い形態が、住宅型の事務所です。住宅用マンションの一室を事務所として利用しているタイプとなります。

住宅型の事務所には基本的にパソコンやデスク、女性キャストが待機するための控え室を用意します。そのほか、休憩で昼寝するための布団を用意したり、冬にはこたつを置いたりする事務所も多くあります。

住宅型の事務所が持つ特徴は、生活感があることです。住宅用の部屋を借りているため、基本的にキッチンやお風呂が備え付けられています。さらに、事務所によっては冷蔵庫や電子レンジ、テレビ、洗濯機などの生活家電を設置するところも少なくありません。
そのため、仕事で遅くなった場合は、そのまま事務所に泊まるという女性キャストもいます。

 

2-2.オフィス型の事務所

住宅型のほかに、オフィス型のデリヘル事務所もあります。オフィス型の事務所は、一般的な会社と同じように事務作業をメインに行うことを前提とした空間です。
オフィス型の事務所で行われる業務内容としては、電話の受付やホームページの更新、女性キャスト・顧客の管理などがあります。基本的に事務作業しか行わないため、事務所のスペースはそれほど広くないところが多い傾向です。

また、洗濯機などの生活家電を設置していることもほとんどなく、事務所と待機所を完全に分けている点が、オフィス型の事務所が持つ特徴といえます。
通常は、女性キャストの待機所は別で設けられているか、自宅待機となっているかのいずれかです。自宅待機の場合は運転手が女性キャストの自宅まで迎えに行き、女性キャストを乗せてから派遣先へ向かう流れとなります。

 

3.デリヘルの事務所物件を選ぶ際のポイント

デリヘルを開業するためには、事務所を構える必要がありますが、どのような賃貸物件でも良いわけではありません。

また、デリヘルの事務所として物件を借りる際は、家主から許可を得る必要があります。しかし、性風俗業を営業することに対して、拒否反応を示す家主は少なくありません。

デリヘルの事務所物件を選ぶ際には、以下2つのポイントを意識しましょう。

  • 家主からの許可を得られる物件を選ぶ
  • 居住用として魅力が低い物件を選ぶ

ここでは、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

 

3-1.家主からの許可を得られる物件を選ぶ

デリヘルの事務所を開くためには、警察署へ「無店舗型性風俗特殊営業」の届出を行う必要があります。
そして、届出の際には事務所の「使用承諾書」も提出しなければなりません。しかし、家主から使用承諾書をもらうためには、風俗営業の事務所として使用することに対して、承諾を得なければなりません。

そのため、家主からの許可を得られる物件を選ぶことが、事務所選びのポイントとなります。
基本的に住宅街などは他の入居者からの目があるため、承諾する家主は少ないでしょう。また、仮に建物の所有者が承諾しても、管理組合や他のテナントから反対される可能性もあります。

家主から承諾を得られる物件であることを確認してから、物件の契約・入居の手続きを進めましょう。

 

3-2.居住用として魅力が低い物件を選ぶ

住宅型の事務所を開業する場合は、居住用として魅力が低い物件を選ぶことがおすすめです。

日当たりが悪かったり、周辺環境が悪く不便な場所に立地していたりする物件が、居住用としての魅力が低く、空室率の高い傾向にあります。
家主は空室であることを最も嫌います。魅力の低い物件の家主が空室を避けるために、デリヘルの事務所として使用することを承諾することが多くあります。

また、住宅街でなければ他の居住者からの目が少ないため、家主としては許可しやすいと考えます。このようにデリヘル事務所の物件を探す際は、家主目線で考えることが大切です。

 

4.デリヘルの成功は求人広告が鍵を握る

どんなに条件の良い物件を見つけたとしても、女性キャストが在籍していなければ売上を出すことは不可能です。デリヘルの経営を成功させるためには、求人広告が鍵を握るといっても過言ではありません。

そのため、女性キャストの募集に失敗すると、デリヘルの経営も失敗します。デリヘルの経営を成功させるためには、求人広告に力を入れて、女性キャストを集めることが大切です。

デリヘルで働く女性キャストを効果的に採用するためには、「リクマネ」の利用をおすすめします。
リクマネは、求人活動による効果の「見える化」「最大化」に力を入れている風俗求人サービスです。求人募集に特化したランディングページを構築し、求人に対する問い合わせを最大化します。

デリヘルの女性キャスト採用について効果的な戦略を持てずに悩んでいる人は、リクマネの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

デリヘルを開業するためには、事務所が必要です。スタッフの事務作業や女性キャストの待機室として利用するほか、警察署へ届出に事務所は必要となります。

しかし、デリヘルの事務所として使用することを承諾する家主は、実際のところ多くありません。そのため、デリヘルの事務所として使うための物件を選ぶ際は、家主から承諾を得られる物件を選びましょう。

また、デリヘルの経営を成功させるためには、戦略的な求人活動が重要です。風俗求人サービスの「リクマネ」を利用して、効率的な女性キャストの採用を実現しましょう。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読