PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

37 view 仕事運用風俗風俗店 風俗店オーナーになるためには?独立開業に必要なもの・経営の心得も
風俗店オーナーになるためには?独立開業に必要なもの・経営の心得も

風俗は、女性だけでなく男性も稼げる業界です。受付スタッフや事務スタッフとして働いても比較的稼げるものの、風俗店を経営する立場であるオーナーや店長となると、より高い収入を得ることができます。

しかし、風俗は特殊な業界であるため、風俗店のオーナー・店長になるためには特別な経歴や資格が必要と考える人も多いでしょう。

実際は脱サラ後やフリーターから風俗店を独立開業する人もいるように、風俗店のオーナーになることは困難ではありません。そこで今回は、風俗店オーナー・店長になるための方法から、風俗店の独立開業に必要な準備、経営を成功させるための心得までを解説します。

 

1.風俗店オーナー・店長の主な仕事内容

まずは、風俗店オーナー・店長の主な仕事内容を解説します。風俗店オーナー・店長の仕事内容は幅広く、お店のさまざまな業務に関わっています。

〇人材の採用

風俗店オーナー・店長は、お店で働いてくれる女性キャストや男性スタッフの採用活動を行います。求人広告の作成や面接、教育などが主な業務です。

〇在籍する女性キャストのケア

在籍する女性キャストと話して悩みを解消してあげたり、業務上の問題や相談に対応したりなどのケアを行います。性病対策を実施することも、風俗店オーナー・店長の重要な業務です。

さらに、風俗店オーナー・店長は、広告宣伝・イベント企画・ブログ更新・備品管理・給与管理などの雑務も行わなければなりません。

オーナーは「経営者」にあたります。そのため、全国にチェーン店を展開する大手風俗店の場合は、経営者であるオーナーが各店舗に店長を雇うことがほとんどです。このように風俗店のオーナーと店長が別々となっているケースでは、各店舗の店長が人材採用や女性キャストのケア、雑務などを行い、経営者であるオーナーは主に店舗管理を行います。

 

1-1.風俗店オーナー・店長になるためにはどうすれば良い?

風俗店オーナー・店長になるためには、2通りの方法があります。

(1)自分ひとりで独立開業する(オーナー)

自分ひとりで風俗店を独立開業するためには、店舗購入などで多額の開業資金がかかることがデメリットです。しかし成功できれば利益を割り引かれる心配がなく、大きなリターンを期待できるというメリットがあります。

(2)大手グループ風俗店のフランチャイズオーナーとして開業する(店長)

フランチャイズオーナーとして開業する場合は、所属グループに開業支援として資金を貸し付けてもらえたり、経営ノウハウを教えてもらえたりすることがメリットです。ただし、ロイヤリティーの支払いによって利益が圧縮される点はデメリットとなっています。

 

2.風俗店の独立開業に必要な準備

風俗店の独立開業も、一般的な業界と同様「事業を起こす」ということであり、実施するためにはいくつかの準備が必要です。

開業資金が必要であることはもちろん、本部を置く事務所の設置や、行政へ提出する書類も用意しなければならないため、準備にはある程度の時間がかかることを覚えておきましょう。

ここからは、風俗店の独立開業に必要な4つの準備を紹介します。

 

2-1.開業資金

風俗店を独立開業する際は、開業資金を必ず準備しなければなりません。開業資金は物件取得費・備品購入費などの開業準備から、賃貸物件の家賃・広告費用・人件費・通信費など、開業後の運営費用までカバーできるほどのお金が必要です。

一昔前までは100万~200万円程度の少ない開業資金でも成功できていたものの、近年は最低でも500万円が必要と言われています。新規開業する風俗店の数が多くなったことにより、少ない資金で開業してもサービスの幅を広げられず成功しにくくなったためです。

余裕を持って経営を行いたい場合は、1,000万円以上が必要となります。さらに、都心部や地方にある風俗激戦区などのエリアは固定費が高いだけでなく、競合店舗と争えるだけのレベルでなければなりません。そのため、風俗激戦区での独立開業であれば、2,000万円以上の開業資金を用意しておくと安心でしょう。

 

2-2.事務所・待機所

風俗店を開業するためには、まず事務所を決める必要があります。風俗店における事務所とは、事務や受付などを行う本部であり、広告や店舗ホームページなどに住所を記載する場所です。

デリヘル経営など無店舗型風俗店の場合は、待機所も決めておきましょう。待機所とは女の子を待機させる場所であり、出勤した女の子は待機所でお客さんの指名を待つこととなります。待機所は女の子がストレスを感じないように、待機人数を考慮したスペースを確保しましょう。

風俗の独立開業では、賃貸契約を結んで借りたビルやマンションの一室などを事務所とするケースがほとんどです。ただし、マンションの部屋を風俗事務所として使用する際は、あらかじめ物件所有者(大家さん)の承諾が必要となります。

 

2-3.店舗ホームページ

デリヘル・ホテヘルは風営法の規制によって看板を出せないため、集客には店舗ホームページの作成が必須です。店舗ホームページは個人製作もできるものの、店舗ホームページの質が低ければ、お店の質も低いとお客さんにみなされてしまいます。集客性を高めるためには、知識のある制作会社に依頼することがおすすめです。

風俗店の店舗ホームページでは、お店のサービスをイメージさせる写真や、在籍する女性キャストの写真などを使用します。ホームページの掲載写真はオーナー自身で撮影することもできるものの、綺麗に撮影したい場合はプロのカメラマンに依頼した方が確実です。

 

2-4.営業開始届出書

風俗店を開業するためには、「営業開始届出書」を作成して、営業開始の10日前までに、添付書類とともに管轄の公安委員会(警察署保安係経由)に提出する必要があります。営業開始届出書は「届出した形態の店舗を営業開始する」ことを伝える内容であり、風営法により提出が義務付けられている書類です。

営業開始届出書とともに提出する添付書類は営業形態によって異なり、デリヘルの場合は主に下記の書類が求められます。

  • 無店舗型性風俗特殊営業届出書
  • 営業方法を記載した書類
  • 営業者の住民票
  • その他管理者の住民票(必要な場合)
  • 事務所・待機所の使用承諾書(法務局の建物登記簿謄本)
  • 事務所・待機所の平面図
  • 運転免許証のコピー(必要な場合)

営業開始届出書は警察による厳格なチェックが行われるため、書類不備などにより許可が下りない可能性もあります。
自分で作成することが難しい場合は、専門家である行政書士に依頼することがおすすめです。

 

3.儲かる風俗オーナーになるために!経営を成功させるための心得

風俗店オーナーとして独立開業をした後は、しっかり稼ぐために経営を成功させることを考えましょう。

風俗店の経営を成功させるためには、経営が大変な時期と、お金をかけるタイミングについて理解することが重要です。

最後に、風俗店オーナーとして経営を成功させるための心得を2つ紹介します。

 

3-1.開業後半年間は「ほとんど収入がない」ことを覚悟する

開業時点の風俗店は、お客さんにとってお店の当たり外れを判断できる情報がない状態です。そのため、開業後半年間はお客さんがなかなか入らず、ほとんど収入がない状況が続くことを覚悟しておきましょう。

半年間の収入がない期間を耐えるためには、開業資金を店舗運営資金も含めて、余裕を持った資金を用意することが重要です。開業前にあらかじめ、開業後の資金繰りについても考えておきましょう。

開業後半年間の収入がない期間を耐えると、お客さんの数は徐々に増加します。お店が軌道に乗ったと手応えを感じたときが、大きな広告を出稿するタイミングです。お店の認知度が少なからずある状態であれば、広告出稿によって大きな集客効果を期待できます。

 

3-2.質の高い男性スタッフや女性キャストを採用する

どれだけお客さんが増えても、接客する女性キャストや事務担当の男性スタッフがいなければ風俗経営は安定しません。しかし人材を採用しても質が低ければ、仕事を続けられずに辞めたり、お客さんとのトラブルを起こして集客減少に繋がったりしてしまいます。

質の高い男性スタッフや女性キャストを採用するためには、お店の教育制度を整えることはもちろん、求人用のホームページをしっかり作成することも大切です。求める人材の条件や待遇をきちんと設定することで、風俗店が求める質の高い人材を見つけやすくなります。

風俗店オーナーが求人用のホームページを作成する際は、「リクマネ」の利用がおすすめです。リクマネはWeb風俗求人サイトを制作できるサービスであり、求人媒体と検索エンジンの双方から求人ページにユーザーを誘導できます。効果的な風俗求人を出したい人は、ぜひリクマネをご利用ください。

 

まとめ

風俗店オーナーは風俗店の経営者であり、仕事内容ではお店のさまざまな業務に関わっています。フランチャイズオーナーとして開業する方法もあるものの、いち経営者として独立開業をすれば、大きなリターンを得られるでしょう。

風俗店の独立開業をするためには、開業資金や事務所・待機所、店舗ホームページを用意して、営業開始届出書も提出する必要があります。経営を成功させるためには、余裕を持った開業資金を用意して、女性キャストや男性スタッフは質の高い人材を採用することが重要です。

求人用のホームページを作成する際は、効果的な求人に繋げられる「リクマネ」をぜひご利用ください。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読