PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

83 view 運用風俗風俗店 風俗産業の基礎知識|業界の歴史から経営のポイントまで解説
風俗産業の基礎知識|業界の歴史から経営のポイントまで解説

風俗産業は、不況のなかでも成長を続けており、この先も将来は明るいとされています。これから風俗業界で働きたい人や、起業を考えている人も多いでしょう。

そこで当記事では、風俗産業で働く上で知っておきたい「風俗産業の基礎知識」をまとめています。風俗業界の歴史から、風俗店経営のポイントまで、風俗産業にかかわるさまざまな知識を紹介します。これから起業を考えている人はもちろん、店舗経営に悩みを抱えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

1.風俗産業の業界・市場規模

風俗業界の仕事に興味がある人や、起業を考えている人は、まず風俗産業そのものを知っておく必要があります。自分が働く業界について知ることは、就職や起業の役に立つでしょう。ここでは、風俗産業の業界事情や市場規模について解説します。

風俗産業は、不況下にあっても強い業界のひとつです。株式会社矢野経済研究所による調査では、ラブホテルやソープランド、デリヘルなどの風俗産業は、2010年度から市場規模が拡大しています。2010年度に2兆8,861億円だった風俗産業の市場規模は、2014年度に3兆5,775億円まで拡大しました。

出典:株式会社矢野経済研究所「アダルト向け市場に関する調査結果2016」

 

1-1.デリヘルの新規参入が拡大

近年の風俗産業の傾向として、業界に新規参入する場合はデリヘル(デリバリーヘルス)での開業が多くなっていることが挙げられます。現在は風俗業界の規制が厳しくなり、風営法がたびたび改正されたことで、店舗型風俗店の新規参入が難しくなっています。

デリヘルは店舗を持たないタイプで開業のハードルが低く、人気の高い業種です。さらに初期投資の額も少なくて済むため、新規参入しやすいといわれています。小規模での開業の場合、200万~300万円程度で開業が可能です。

デリヘルは利益率が高く、既に個人で開業しているオーナーが数多くいます。新規参入から成功までのノウハウも多数出回っているため、ひとりで起業してもある程度の収入を見込める点が魅力です。

 

2.風俗産業の歴史

日本における風俗産業の歴史は古く、安土桃山時代に生まれた「遊郭」が始まりとされています。芸妓や私娼と呼ばれる人たちが、集まる場所として栄えました。遊郭があった場所は、現在も東京の吉原などが当時のまま風俗街として生き残っています。

明治維新後は、風俗産業は「公娼制度」として国の管理・統制の対象となりました。1955年には、全国で約50万人の女性が公娼として働いていたと推定されています。

日本の風俗産業が大きな転機を迎えたきっかけは、第二次世界大戦です。戦後、女性差別撤廃の風潮が高まったことで、国が公に売春を管理する公娼制度は批判を浴びる存在となりました。やがて、公娼制度廃止運動が発生し、誕生した制度が「売春防止法」です。

売春防止法の施行後は、売春に該当しない風俗は風営法における「性風俗特殊営業」に指定され、性的サービスを行うようになりました。性風俗特殊営業に指定されている店は、ソープランドやデリヘル、性感エステなど、多種多様です。時代の流れによって、さまざまな形態の風俗店が発展し、風俗産業の多様性が広がっています。

 

3.風俗産業の種類

風俗産業では、プレイの内容や性癖にあわせて、さまざまな種類があります。ここでは、風俗産業の種類について、代表的なものを紹介します。また、ここで紹介する風俗産業の種類は、全て現代の風営法に定められている性風俗特殊営業に含まれるものです。

風営法に定められている性風俗特殊営業の主な種類 店舗例
浴場業の施設として個室を設置し、異性客にサービスを提供する業種 ソープランド(個室付き特殊浴場)
個室を設置して、異性客に性的サービスを提供する業種 店舗型ファッションヘルス(箱ヘル)
無店舗・派遣で、異性客に性的サービスを提供する業種 デリバリーヘルス(デリヘル)

現代の風俗産業は、主に上記の3つに大別されます。SMクラブやイメージクラブ、性感マッサージなどは、上記のいずれかに該当するものです。また、風営法では、上記以外にもストリップ劇場や個室ビデオ、ラブホテルなども性風俗特殊営業に区分しています。

これらの風俗業は全て、国の定める法律に基づき営業している合法の仕事です。国の定める法律を守っていれば、風俗嬢や男性スタッフ、オーナーは安心して働くことができます。

現実には風営法を守っていない無許可営業の店もありますが、そうした違法店は摘発の恐れがあるため危険です。風俗業界で働く際や起業する際は、必ず風営法を守る合法店を選びましょう。

 

4.風俗産業で成功を収めるための4つのポイント

風俗産業で、成功を収めるためには、4つのポイントを守ることが大切です。風俗産業は安定した需要があり、稼ぎやすい業種といわれています。しかし、ただ漠然と経営しているだけでは、失敗する可能性が高いでしょう。

ここでは、風俗産業で起業し、経営を成功させるために大切なポイントを紹介します。

 

4-1.独自のコンセプトを打ち出す

風俗業に新規参入する場合、独自のコンセプトを打ち出すことが大切です。風俗業界には膨大な数の風俗店があり、それぞれ競争しています。競合店と同じようなコンセプトやサービスでは、後発の店がライバルに追いつくことは難しいでしょう。

そのため、他の店とは違った独自の魅力をアピールすることが必要です。まずは徹底的に競合店を調査し、他の店にはない新しいコンセプトを考えてください。ユーザーのニーズにマッチするコンセプトを提供することで、新規店でも集客しやすくなります。

風俗業界に参入する際に間違いやすい点のひとつが、万人受けを狙ってしまうことです。万人受けする店は誰でも来やすいというメリットがある反面、個性がないというデメリットがあります。

他の店と変わらない無個性な店が新規参入しても、お客さんの心はつかめません。万人受けする店より、ニッチな性癖に合う店はファンが付きやすいものです。さまざまな角度からニーズを分析し、革新性の高い独自ポジションを築きましょう。

 

4-2.キャスト・スタッフの質を向上させる

成功する店を作るためには、キャストとスタッフの質を向上させることが必要です。目新しいコンセプトで集客しても、キャストやスタッフの質が低いと、リピーターにはつながりません。キャストやスタッフは、直接お客さんに接する立場です。女性キャストだけではなく、男性スタッフの質も向上させて、魅力的な店を作りましょう。

一般的に、風俗店では女性キャストの容姿や性格が最初に注目されます。しかし、リピーターが付きやすい風俗店は、キャストの接客態度やテクニックが高いことがほとんどです。

また、繁盛している店ほど、男性スタッフの質が高いという点も見逃せません。質の高い男性スタッフは女性キャストの教育指導が上手で、経営に関する知識も身に付いています。自分の店を盛り上げていく上で、優秀なスタッフの存在は大きな助けとなるでしょう。

 

4-3.専門的な作業はプロの力を借りる

風俗店の経営上、専門的な作業はプロの力を借りることをおすすめします。風俗店の経営は一般企業と同様に、広告宣伝や経理、役所への申請などさまざまな業務があります。そのため、専門的な作業は自分で行うよりもプロの力を借りたほうが効率的です。

また、風俗店は風営法の厳しい規制があるため、知識や経験が曖昧な状態で専門的な作業を行うと、失敗のリスクが高まります。特に、法律や税金に関する業務では簡単なミスが大きな問題を引き起こす可能性があるため、積極的に専門家の力を借りましょう。

〇法律関係・役所への申請

法律関係の問題や役所への申請は、弁護士・司法書士・行政書士に依頼します。素人には難しい領域であるため、プロに任せて正しい形で作業を進めるとスムーズです。

〇経理関係・税金の計算申告

経理や税金に関する作業は、税理士に依頼します。風俗業界はお金の流れが大きいため、しっかりと経理作業を行い納税していないと、摘発の可能性が高くなってしまいます。日頃から経営の透明性を高めるために、プロのサポートを利用すると便利です。

 

4-4.求人募集と集客に力を入れる

風俗店の経営を成功させるためには、求人募集と集客に力を入れることが大切です。求人募集と集客のどちらが欠けても店舗の経営は成り立たないため、Webサイトや広告に力を入れましょう。

風俗店の求人募集と集客には、ナイトワーク業界専門の広告サービス「リクマネ」がおすすめです。求人媒体や検索エンジンからの誘導に強く、効率よく求人募集と集客を行えます。広告の費用対効果をレポート化できるため、最小限の手間で大きな効果を得ることができる点も魅力です。まずは「リクマネ」に登録して、求人と集客の効果を高めましょう。

 

まとめ

風俗産業は市場規模が拡大を続けており、日本の隠れた一大産業といえる存在です。風俗業界で成功を収めることで、大きな利益を得ることができます。全国各地の繁華街を中心に数多くの風俗店がありますが、独自のコンセプトを打ち出して良質なキャスト・スタッフを揃えた店を作りましょう。

風俗店は求人募集と集客の両方が大切です。ナイトワーク専門の広告サービス「リクマネ」など、風俗店に特化したサービスを使うことをおすすめします。これから風俗産業でビジネスを始めたい人は、ぜひリクマネの利用をご検討ください。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読