PAGE
TOP

WEBの風俗求人を最大化×見える化【リクマネ】人気アクセスキーワード一覧

リクマネ求人ページ

124 view 広告広告効果広告媒体集客風俗風俗店 風俗の広告手法には何がある?本当に成果が出る集客方法とは
風俗の広告手法には何がある?本当に成果が出る集客方法とは

テレビCMやチラシなど、広告手法にはさまざまな種類があります。
しかし、風俗業界の場合は利用できる広告手法と、法律で禁止されている広告手法が存在するため、宣伝媒体を選ぶ際には注意が必要です。

そこで今回は、風俗業界で禁止されている広告手法を説明したのち、適法だと認められている中でも集客につながりやすい広告手法を紹介します。

風俗店の広告宣伝を成功へ導くポイントも併せて解説するため、「風俗の広告手法選びに迷っている」「本当に成果の出る広告手法だけを取り入れたい」と考えている場合は最後までチェックしてみてください。

 

1.風俗業界で禁止されている広告手法

まず、風俗店を営むにあたり風営法を順守しなければなりません。
風営法とは「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」の略称であり、性風俗産業の営業規制や広告規制を定めている法律です。

風営法の第十六条では、風俗店の広告手法を下記のように定めています。

第十六条 風俗営業者は、その営業につき、営業所周辺における清浄な風俗環境を害するおそれのある方法で広告又は宣伝をしてはならない。

引用:e-Gov法令検索「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」

さらに、風営法の第二十八条では店舗型性風俗特殊営業の広告手法について、下記のように説明しています。

店舗型性風俗特殊営業を営む者は、前条に規定するもののほか、その営業につき、次に掲げる方法で広告又は宣伝をしてはならない。
一 次に掲げる区域又は地域(第三号において「広告制限区域等」という。)において、広告物(常時又は一定の期間継続して公衆に表示されるものであつて、看板、立看板、はり紙及びはり札並びに広告塔、広告板、建物その他の工作物等に掲出され、又は表示されたもの並びにこれらに類するものをいう。以下同じ。)を表示すること。
イ 第一項に規定する敷地(同項に規定する施設の用に供するものと決定した土地を除く。)の周囲二百メートルの区域
ロ 第二項の規定に基づく条例で定める地域のうち当該店舗型性風俗特殊営業の広告又は宣伝を制限すべき地域として条例で定める地域
二 人の住居にビラ等(ビラ、パンフレット又はこれらに類する広告若しくは宣伝の用に供される文書図画をいう。以下同じ。)を配り、又は差し入れること。
三 前号に掲げるもののほか、広告制限区域等においてビラ等を頒布し、又は広告制限区域等以外の地域において十八歳未満の者に対してビラ等を頒布すること。

引用:e-Gov法令検索「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」

つまり、風俗店は直接的にお客さんを呼び込む広告手法で宣伝することはできません。
具体的には、下記の広告手法を風俗店が行うと違法となります。

  • 広告制限区域における看板や張り紙
  • チラシやパンフレットなどのビラ配り
  • ダイレクトメールの送付
  • 直接電話をかけるテレアポ

風俗店が違法行為となる広告手法を採用した場合、業務停止命令が出る恐れがあるため、必ず風営法を順守したうえで宣伝しましょう。

 

1-1.風俗店のWeb広告も制限を受ける

「看板やチラシが無理ならWebで広告すれば問題ない」と考える人もいるでしょう。

確かに風営法ではWeb広告を全面的に禁止しているわけではありません。
また、近年はスマホで検索することが当たり前となっているため、検索結果の上部に表示されるリスティング広告や、Webサイトの広告枠に出るディスプレイ広告などのWeb広告は、有効な広告手法のひとつです。

しかし風俗店の場合、広告規制が適用されることから、Web広告を出稿できません。

たとえば、検索サービスの最大手であるGoogleでは、アダルトコンテンツの広告に関して下記のような規制を設けています。

広告はユーザーの嗜好を尊重し、法規制に準拠したものである必要があります。そのため、Google では広告やリンク先に特定の種類のアダルト コンテンツを使用することを認めておりません。一部の成人向け広告やリンク先は、以下に示すポリシーに準拠し、未成年者を対象から除外することで許可される場合がありますが、ユーザーが入力した検索語句、ユーザーの年齢、広告の掲載地域の法律に基づいて表示が制限されます。

引用:Google広告ポリシー ヘルプ「アダルト コンテンツ」

Googleに限らずYahoo!においても「アダルトコンテンツの広告はできない」という旨の規制があります。

そのため、Webを使って風俗店を宣伝したい場合は、Web広告以外の広告手法を検討しましょう。

 

2.風俗店の集客につながる広告手法

張り紙やビラ配りなどの紙媒体の宣伝ができない、Web広告も難しいとなれば、風俗店の広告は不可能だと感じるかもしれません。
しかし、風営法を順守したうえで規制を受けず風俗店を宣伝することは可能です。

ここからは、さまざまな宣伝方法の中でも風俗店の集客につながりやすい広告手法を5つ紹介します。

 

2-1.無料案内所

繁華街にある無料案内所には連日多くのお客さんが訪れるため、Webを使わなくても集客ができることがメリットです。
インターネットでの検索を苦手とする人や、飲み会の帰りに二次会代わりとして風俗を利用したい人など、さまざまな層がターゲットになります。

ただし、無料案内所経由でお客さんが来店した場合は、売上の何割かを紹介料として無料案内所に支払う必要があります。
紹介料は無料案内所によって異なります。また、1か月あたりの広告費は紹介人数との兼ね合いで決まるため、「無料案内所の費用相場は○○万円」と一概に言うことはできません。

無料案内所を利用する場合は、紹介料の価格設定をしっかりと確認しましょう。

 

2-2.ポータルサイト

ポータルサイトの中には、風俗店に特化したサイトも存在します。
ポータルサイトに風俗店の情報を掲載すれば、「風俗店を利用したい」と思っているお客さんにアプローチできるため、効果的に集客につなげられるでしょう。

しかし、ポータルサイトを利用する風俗店は多く、差別化を図らなければ、自店の情報が競合店に埋もれてしまう恐れがあります。だからといって、ポータルサイトのトップに自店の情報を載せると、高額な掲載費が必要となる傾向です。

ポータルサイトは効果的な広告手法のひとつですが、広告費の予算と掲載費のバランスに気を付けましょう。

 

2-3.ホームページ

自店のホームページを開設・運用することで、Webで検索しているお客さんに風俗店の存在を知らせることが可能です。

最近は、スマホを使って自分の周辺地域にある風俗店を検索するお客さんもいます。ポータルサイトの掲載も効果的ですが、ホームページにさまざまな情報を掲載することで、自店の魅力を存分にアピールできることが利点です。

ただし、ホームページを検索結果の上位に表示させなければ、ホームページ経由の集客は見込めません。検索上位を目指すためには、SEO対策を行う必要があります。
また、ホームページを作るにあたり、テンプレートではないオリジナルのWebサイトに仕上げると相応の制作費がかかります。

ホームページは便利な反面、集客効果を生むまでに費用や手間がかかることを覚えておきましょう。

 

2-4.SNS

SNSを活用した広告手法は、基本的に費用がかからないことが魅力です。
SNS広告を利用せず、また自分たちで運用するのなら、基本的にアカウントの開設・運用の料金は無料です。

しかし、SNSを介した直接的な集客は難しいことは念頭に置いておきましょう。
SNSで風俗店の情報を多くの人に知ってもらうためには、SNS上で「バズる」必要があります。しかし、「風俗店を利用していることを周囲に知られたくない」などの理由から、風俗店のSNSを積極的に広めたいと思うユーザーは多くありません。

女性キャストの出勤予定やイベント情報の発信など、あくまでもSNSは風俗店の集客におけるサブのツールとして活用するとよいでしょう。

 

2-5.Googleマイビジネス

Googleマイビジネスに風俗店の店舗情報を登録すれば、広告費をかけなくても集客効果が見込めます。

Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップなどに風俗店の店舗情報を無料で掲載できるサービスのことです。店名や住所、電話番号などの基本情報のほか、店舗の写真なども掲載できます。

ただし、Googleマイビジネスではお客さんからの口コミも投稿されます。風俗店を褒める良い口コミであれば問題ありませんが、風俗店にネガティブな印象を与える悪い口コミが投稿される可能性もゼロではありません。

とはいえ、検索結果やマップ上の目立つ位置に風俗店の情報が表示されれば、着実な集客が期待できるため、Googleマイビジネスに登録して損はないでしょう。

 

3.風俗店の広告宣伝を成功させるためには?

風俗店の広告手法にはいくつか種類がありますが、いずれの広告手法においても、ただ宣伝すれば必ず成功するとは限りません。風俗店の広告手法により着実な集客を狙うためには、2つのポイントを抑える必要があります。

最後に、風俗店の広告宣伝を成功させるための重要な2つのポイントを紹介します。

 

3-1.顧客獲得単価を総売上の30%以内に抑える

顧客獲得単価を総売上の30%以内に抑えれば、「広告費をかけすぎて赤字になる」という事態を防げます。

風俗店の広告手法の中には、広告費が必要となる方法もあります。広告費を多くすればある程度の集客も見込めますが、広告費がかさんだせいで赤字になっては本末転倒です。

そのため、「広告費÷集客人数」から1人の顧客を獲得するためにかかった広告費=顧客獲得単価を算出し、総売上の30%未満となっているか確認しましょう。

<顧客獲得単価の計算例>

20万円の広告費で10人の集客があった場合
広告費20万円÷集客人数10人=顧客獲得単価2万円

「広告費÷集客人数」から算出できる顧客獲得単価は、広告の費用対効果を確かめる指標にもなります。

 

3-2.営業形態や目的に適した広告手法を選ぶ

風俗店の適切な広告手法は、風俗店の営業形態や広告の目的によって変わります。

たとえば、ソープなどの店舗型風俗の場合は無料案内所を利用すると、近くにいるお客さんを呼び込めるため、集客効果が期待できます。
一方で、デリヘルなどの無店舗型風俗の場合は、インターネットで風俗店を探すお客さんが多いことから、Webを使った広告手法が有効です。

また、風俗店で働く女性を募集したいときは、風俗求人に特化したポータルサイトの利用をおすすめします。求人情報に仕事内容や収入、勤務地、福利厚生などの詳細を掲載すれば、多くの応募が期待できます。

このように、風俗店の営業形態や立地、目的などを踏まえて広告手法を選べば、効果的な集客が図れるでしょう。

 

まとめ

風俗店の広告手法において、看板やチラシなどの方法は風営法で禁止されています。また、Web広告では媒体の規制が適用されます。

そのため、無料案内所・ポータルサイト・ホームページ・SNS・Googleマイビジネスなど、風営法を順守したうえで適切な広告手法を選びましょう。

風俗店の宣伝を成功させるためには、顧客獲得単価を意識しつつ、自店に合う広告手法を選ぶことが大切です。そうすることで、広告手法による着実な集客効果が見込めるでしょう。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読